日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しい Cisco Nexus 92300YC スイッチを構成します

この章で説明する手順を実行すると、新しい Nexus 92300YC スイッチを構成できます。

ONTAP 9.6 以降を実行しているシステムに Nexus 92300YC スイッチを取り付けるには、まず IP アドレスと構成を設定して、スイッチが管理インターフェイスを介して通信できるようにします。その後、 NX-OS ソフトウェアとリファレンス構成ファイル( RCF )をインストールできます。この手順は、コントローラを追加する前に Nexus 92300YC スイッチを準備するためのものです。

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • Nexus 92300YC スイッチ名は「 cs1 」と「 cs2 」です。

  • この手順で使用している例では、 2 番目のスイッチ _cs2 * 。 _ でアップグレードが開始されます

  • クラスタ LIF 名は、 node1 の場合は「 node1_clus1' 」、ノード 1 の場合は「 node1_clus1' 」、 node2 の場合は「 node2 _ clus2 」です。

  • IPspace 名は「 Cluster 」です。

  • 「 cluster1 :: * > 」プロンプトは、クラスタの名前を示します。

  • 各ノードのクラスタ・ポートの名前は 'e0a' および e0b です

    を参照してください "_ Hardware Universe ^_" をクリックします。

  • Nexus 92300YC スイッチでサポートされているスイッチ間リンク( ISL )は、ポート 1/65 と 1/66 です。

  • Nexus 92300YC スイッチでサポートされているノード接続は、ポート 1/1~1/66 です。

  • この手順の例では 2 つのノードを使用していますが、 1 つのクラスタには最大 24 のノードを含めることができます。