日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リファレンス構成ファイル( RCF )のインストール

RCF は、 Nexus 9336C-FX2 スイッチを初めてセットアップしたあとにインストールできます。この手順を使用して、 RCF のバージョンをアップグレードすることもできます。

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • 2 つの Cisco スイッチの名前は cs1 と cs2 です。

  • ノード名は cluster1-01 、 cluster1-02 、 cluster1-02 、および cluster1-02 です。

  • クラスタ LIF の名前は、 cluster1-01 _ clus1 、 cluster1-01 _ clus2 、 cluster1-02 _ clus1 、 cluster1-02 _ clus2 、 cluster1-03_clus1 です。 cluster1-03_clus2 、 cluster1-04_clus1 、および cluster1-04_clus2 。

  • 「 cluster1 :: * > 」プロンプトは、クラスタの名前を示します。

注記 手順では、 ONTAP コマンドと Cisco Nexus 9000 シリーズスイッチコマンドの両方を使用する必要があります。特に明記されていないかぎり、 ONTAP コマンドを使用します。
手順
  1. クラスタスイッチに接続されている各ノードのクラスタポートを表示します。「 network device-discovery show

    cluster1::*> network device-discovery show
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  --------
    cluster1-01/cdp
                e0a    cs1                       Ethernet1/7       N9K-C9336C
                e0d    cs2                       Ethernet1/7       N9K-C9336C
    cluster1-02/cdp
                e0a    cs1                       Ethernet1/8       N9K-C9336C
                e0d    cs2                       Ethernet1/8       N9K-C9336C
    cluster1-03/cdp
                e0a    cs1                       Ethernet1/1/1     N9K-C9336C
                e0b    cs2                       Ethernet1/1/1     N9K-C9336C
    cluster1-04/cdp
                e0a    cs1                       Ethernet1/1/2     N9K-C9336C
                e0b    cs2                       Ethernet1/1/2     N9K-C9336C
    cluster1::*>
  2. 各クラスタポートの管理ステータスと動作ステータスを確認します。

    1. すべてのクラスタポートが正常な状態で稼働していることを確認します。「 network port show – role cluster 」

      cluster1::*> network port show -role cluster
      
      Node: cluster1-01
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      e0d       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      
      Node: cluster1-02
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      e0d       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      8 entries were displayed.
      
      Node: cluster1-03
      
         Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      
      Node: cluster1-04
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      cluster1::*>
    2. すべてのクラスタインターフェイス( LIF )がホームポートにあることを確認します。「 network interface show -role cluster

      cluster1::*> network interface show -role cluster
                  Logical            Status     Network           Current      Current Is
      Vserver     Interface          Admin/Oper Address/Mask      Node         Port    Home
      ----------- ------------------ ---------- ----------------- ------------ ------- ----
      Cluster
                  cluster1-01_clus1  up/up     169.254.3.4/23     cluster1-01  e0a     true
                  cluster1-01_clus2  up/up     169.254.3.5/23     cluster1-01  e0d     true
                  cluster1-02_clus1  up/up     169.254.3.8/23     cluster1-02  e0a     true
                  cluster1-02_clus2  up/up     169.254.3.9/23     cluster1-02  e0d     true
                  cluster1-03_clus1  up/up     169.254.1.3/23     cluster1-03  e0a     true
                  cluster1-03_clus2  up/up     169.254.1.1/23     cluster1-03  e0b     true
                  cluster1-04_clus1  up/up     169.254.1.6/23     cluster1-04  e0a     true
                  cluster1-04_clus2  up/up     169.254.1.7/23     cluster1-04  e0b     true
      8 entries were displayed.
      cluster1::*>
    3. クラスタに両方のクラスタスイッチの情報が表示されることを確認します。「 system cluster-switch show -is-monitoring -enabled true 」

      cluster1::*> system cluster-switch show -is-monitoring-enabled-operational true
      Switch                      Type               Address          Model
      --------------------------- ------------------ ---------------- -----
      cs1                         cluster-network    10.233.205.90    N9K-C9336C
           Serial Number: FOCXXXXXXGD
            Is Monitored: true
                  Reason: None
        Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                          9.3(5)
          Version Source: CDP
      
      cs2                         cluster-network    10.233.205.91    N9K-C9336C
           Serial Number: FOCXXXXXXGS
            Is Monitored: true
                  Reason: None
        Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                          9.3(5)
          Version Source: CDP
      cluster1::*>
  3. クラスタ LIF で自動リバートを無効にします。

    cluster1::*> network interface modify -vserver Cluster -lif \* -auto-revert false
  4. クラスタスイッチ cs2 で、ノードのクラスタポートに接続されているポートをシャットダウンします。

    cs2(config)# interface eth1/1/1-2,eth1/7-8
    cs2(config-if-range)# shutdown
  5. クラスタ LIF が、クラスタスイッチ cs1 でホストされているポートに移行されていることを確認します。この処理には数秒かかることがあります。「 network interface show -role cluster 」のように表示されます

    cluster1::*> network interface show -role cluster
                Logical           Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface         Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ----------------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    Cluster
                cluster1-01_clus1 up/up      169.254.3.4/23     cluster1-01   e0a     true
                cluster1-01_clus2 up/up      169.254.3.5/23     cluster1-01   e0a     false
                cluster1-02_clus1 up/up      169.254.3.8/23     cluster1-02   e0a     true
                cluster1-02_clus2 up/up      169.254.3.9/23     cluster1-02   e0a     false
                cluster1-03_clus1 up/up      169.254.1.3/23     cluster1-03   e0a     true
                cluster1-03_clus2 up/up      169.254.1.1/23     cluster1-03   e0a     false
                cluster1-04_clus1 up/up      169.254.1.6/23     cluster1-04   e0a     true
                cluster1-04_clus2 up/up      169.254.1.7/23     cluster1-04   e0a     false
    8 entries were displayed.
    cluster1::*>
  6. クラスタが正常であることを確認します :cluster show

    cluster1::*> cluster show
    Node                 Health  Eligibility   Epsilon
    -------------------- ------- ------------  -------
    cluster1-01          true    true          false
    cluster1-02          true    true          false
    cluster1-03          true    true          true
    cluster1-04          true    true          false
    4 entries were displayed.
    cluster1::*>
  7. スイッチ cs2 の構成をクリーンアップし、基本的なセットアップを実行します。

    注意 新しい RCF を更新または適用する場合は、スイッチ設定を消去し、基本的な設定を実行する必要があります。スイッチ設定を消去するには、シリアルコンソールを使用してスイッチに接続する必要があります。
    1. 設定を消去します。この手順では、スイッチへのコンソール接続が必要です。

      cs2# write erase
      Warning: This command will erase the startup-configuration.
      Do you wish to proceed anyway? (y/n)  [n] y
      cs2# reload
      This command will reboot the system. (y/n)?  [n] y
      cs2#
    2. スイッチの基本設定を実行します。

  8. FTP 、 TFTP 、 SFTP 、 SCP のいずれかの転送プロトコルを使用して、スイッチ cs2 のブートフラッシュに RCF をコピーします。Cisco コマンドの詳細については、『』の該当するガイドを参照してください "Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Command Reference 』を参照してください" ガイド。

    この例は、 TFTP を使用して、スイッチ cs2 のブートフラッシュに RCF をコピーする方法を示しています。

    cs2# copy tftp: bootflash: vrf management
    Enter source filename: Nexus_9336C_RCF_v1.6-Cluster-HA-Breakout.txt
    Enter hostname for the tftp server: 172.22.201.50
    Trying to connect to tftp server......Connection to Server Established.
    TFTP get operation was successful
    Copy complete, now saving to disk (please wait)...
  9. ブートフラッシュに前にダウンロードした RCF を適用します。

    Cisco コマンドの詳細については、『』の該当するガイドを参照してください "Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Command Reference 』を参照してください" ガイド。

    この例は、スイッチ cs2 にインストールされている RCF ファイル「 Nexus_9336C_RCF_v1.6 -Cluster-HA-Breakout .txt 」を示しています。

    cs2# copy Nexus_9336C_RCF_v1.6-Cluster-HA-Breakout.txt running-config echo-commands
  10. 「 show banner motd 」コマンドのバナー出力を確認します。スイッチの設定と動作を適切に行うには、次の手順を参照して実行する必要があります。

    cs2# show banner motd
    
    ******************************************************************************
    * NetApp Reference Configuration File (RCF)
    *
    * Switch   : Nexus N9K-C9336C-FX2
    * Filename : Nexus_9336C_RCF_v1.6-Cluster-HA-Breakout.txt
    * Date     : 10-23-2020
    * Version  : v1.6
    *
    * Port Usage:
    * Ports  1- 3: Breakout mode (4x10G) Intra-Cluster Ports, int e1/1/1-4, e1/2/1-4
    , e1/3/1-4
    * Ports  4- 6: Breakout mode (4x25G) Intra-Cluster/HA Ports, int e1/4/1-4, e1/5/
    1-4, e1/6/1-4
    * Ports  7-34: 40/100GbE Intra-Cluster/HA Ports, int e1/7-34
    * Ports 35-36: Intra-Cluster ISL Ports, int e1/35-36
    *
    * Dynamic breakout commands:
    * 10G: interface breakout module 1 port <range> map 10g-4x
    * 25G: interface breakout module 1 port <range> map 25g-4x
    *
    * Undo breakout commands and return interfaces to 40/100G configuration in confi
    g mode:
    * no interface breakout module 1 port <range> map 10g-4x
    * no interface breakout module 1 port <range> map 25g-4x
    * interface Ethernet <interfaces taken out of breakout mode>
    * inherit port-profile 40-100G
    * priority-flow-control mode auto
    * service-policy input HA
    * exit
    *
    ******************************************************************************
  11. RCF ファイルが正しい新しいバージョンであることを確認します。 'how running-config

    出力をチェックして正しい RCF があることを確認する場合は、次の情報が正しいことを確認してください。

    • RCF バナー

    • ノードとポートの設定

    • 出力のカスタマイズは、サイトの設定によって異なります。ポートの設定を確認し、インストールした RCF に固有の変更がないかリリースノートを参照してください。

  12. RCF のバージョンとスイッチの設定が正しいことを確認したら、 running-config ファイルを startup-config ファイルにコピーします。

    Cisco コマンドの詳細については、『』の該当するガイドを参照してください "Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Command Reference 』を参照してください" ガイド。

    cs2# copy running-config startup-config [########################################] 100% Copy complete
  13. スイッチ cs2 をリブートします。スイッチの再起動中にノードで報告された「クラスタポートがダウンしている」イベントは無視してかまいません。

    cs2# reload
    This command will reboot the system. (y/n)?  [n] y
  14. クラスタのクラスタポートの健常性を確認します。

    1. クラスタ内のすべてのノードで e0d ポートが正常に稼働していることを確認します。「 network port show -role cluster 」

      cluster1::*> network port show -role cluster
      
      Node: cluster1-01
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      
      Node: cluster1-02
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      
      Node: cluster1-03
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      e0d       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      
      Node: cluster1-04
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      e0d       Cluster      Cluster          up   9000  auto/100000 healthy false
      8 entries were displayed.
    2. クラスタからスイッチのヘルスを確認します( LIF が e0d にホームでないため、スイッチ cs2 が表示されない可能性があります)。

      cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
      Node/       Local  Discovered
      Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
      ----------- ------ ------------------------- ----------------- --------
      cluster1-01/cdp
                  e0a    cs1                       Ethernet1/7       N9K-C9336C
                  e0d    cs2                       Ethernet1/7       N9K-C9336C
      cluster01-2/cdp
                  e0a    cs1                       Ethernet1/8       N9K-C9336C
                  e0d    cs2                       Ethernet1/8       N9K-C9336C
      cluster01-3/cdp
                  e0a    cs1                       Ethernet1/1/1     N9K-C9336C
                  e0b    cs2                       Ethernet1/1/1     N9K-C9336C
      cluster1-04/cdp
                  e0a    cs1                       Ethernet1/1/2     N9K-C9336C
                  e0b    cs2                       Ethernet1/1/2     N9K-C9336C
      
      cluster1::*> system cluster-switch show -is-monitoring-enabled-operational true
      Switch                      Type               Address          Model
      --------------------------- ------------------ ---------------- -----
      cs1                         cluster-network    10.233.205.90    NX9-C9336C
           Serial Number: FOCXXXXXXGD
            Is Monitored: true
                  Reason: None
        Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                          9.3(5)
          Version Source: CDP
      
      cs2                         cluster-network    10.233.205.91    NX9-C9336C
           Serial Number: FOCXXXXXXGS
            Is Monitored: true
                  Reason: None
        Software Version: Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version
                          9.3(5)
          Version Source: CDP
      
      2 entries were displayed.
      注記 スイッチにロードした RCF バージョンによっては、 cs1 スイッチコンソールで次の出力が表示されることがあります。
    2020 Nov 17 16:07:18 cs1 %$ VDC-1 %$ %STP-2-UNBLOCK_CONSIST_PORT: Unblocking port port-channel1 on VLAN0092. Port consistency restored.
    2020 Nov 17 16:07:23 cs1 %$ VDC-1 %$ %STP-2-BLOCK_PVID_PEER: Blocking port-channel1 on VLAN0001. Inconsistent peer vlan.
    2020 Nov 17 16:07:23 cs1 %$ VDC-1 %$ %STP-2-BLOCK_PVID_LOCAL: Blocking port-channel1 on VLAN0092. Inconsistent local vlan.
  15. クラスタスイッチ cs1 で、ノードのクラスタポートに接続されているポートをシャットダウンします。

    次の例では、手順 1 の出力例を使用しています。

    cs1(config)# interface eth1/1/1-2,eth1/7-8
    cs1(config-if-range)# shutdown
  16. クラスタ LIF がスイッチ cs2 でホストされているポートに移行されたことを確認します。これには数秒かかることがあります。「 network interface show -role cluster 」のように表示されます

    cluster1::*> network interface show -role cluster
                Logical            Status     Network            Current             Current Is
    Vserver     Interface          Admin/Oper Address/Mask       Node                Port    Home
    ----------- ------------------ ---------- ------------------ ------------------- ------- ----
    Cluster
                cluster1-01_clus1  up/up      169.254.3.4/23     cluster1-01         e0d     false
                cluster1-01_clus2  up/up      169.254.3.5/23     cluster1-01         e0d     true
                cluster1-02_clus1  up/up      169.254.3.8/23     cluster1-02         e0d     false
                cluster1-02_clus2  up/up      169.254.3.9/23     cluster1-02         e0d     true
                cluster1-03_clus1  up/up      169.254.1.3/23     cluster1-03         e0b     false
                cluster1-03_clus2  up/up      169.254.1.1/23     cluster1-03         e0b     true
                cluster1-04_clus1  up/up      169.254.1.6/23     cluster1-04         e0b     false
                cluster1-04_clus2  up/up      169.254.1.7/23     cluster1-04         e0b     true
    8 entries were displayed.
    cluster1::*>
  17. クラスタが正常であることを確認します :cluster show

    cluster1::*> cluster show
    Node                 Health   Eligibility   Epsilon
    -------------------- -------- ------------- -------
    cluster1-01          true     true          false
    cluster1-02          true     true          false
    cluster1-03          true     true          true
    cluster1-04          true     true          false
    4 entries were displayed.
    cluster1::*>
  18. スイッチ cs1 で手順 7 ~ 14 を繰り返します。

  19. クラスタ LIF で自動リバートを有効にします。

    cluster1::*> network interface modify -vserver Cluster -lif \* -auto-revert True
  20. スイッチ cs1 をリブートします。これは、クラスタ LIF のホームポートへのリバートをトリガーする際に行います。スイッチの再起動中にノードで報告された「クラスタポートがダウンしている」イベントは無視してかまいません。

    cs1# reload
    This command will reboot the system. (y/n)?  [n] y
  21. クラスタポートに接続されているスイッチポートが動作していることを確認します。

    cs1# show interface brief \| grep up
    .
    .
    Eth1/1/1      1       eth  access up      none                    10G(D) --
    Eth1/1/2      1       eth  access up      none                    10G(D) --
    Eth1/7        1       eth  trunk  up      none                   100G(D) --
    Eth1/8        1       eth  trunk  up      none                   100G(D) --
    .
    .
  22. CS1 と CS2 の間の ISL が機能していることを確認します「ポートチャネルの概要

    cs1# show port-channel summary
    Flags:  D - Down        P - Up in port-channel (members)
            I - Individual  H - Hot-standby (LACP only)
            s - Suspended   r - Module-removed
            b - BFD Session Wait
            S - Switched    R - Routed
            U - Up (port-channel)
            p - Up in delay-lacp mode (member)
            M - Not in use. Min-links not met
    --------------------------------------------------------------------------------
    Group Port-       Type     Protocol  Member Ports      Channel
    --------------------------------------------------------------------------------
    1     Po1(SU)     Eth      LACP      Eth1/35(P)        Eth1/36(P)
    cs1#
  23. クラスタ LIF がホームポートにリバートされたことを確認します。「 network interface show -role cluster 」

    cluster1::*> network interface show -role cluster
                Logical            Status     Network            Current             Current Is
    Vserver     Interface          Admin/Oper Address/Mask       Node                Port    Home
    ----------- ------------------ ---------- ------------------ ------------------- ------- ----
    Cluster
                cluster1-01_clus1  up/up      169.254.3.4/23     cluster1-01         e0d     true
                cluster1-01_clus2  up/up      169.254.3.5/23     cluster1-01         e0d     true
                cluster1-02_clus1  up/up      169.254.3.8/23     cluster1-02         e0d     true
                cluster1-02_clus2  up/up      169.254.3.9/23     cluster1-02         e0d     true
                cluster1-03_clus1  up/up      169.254.1.3/23     cluster1-03         e0b     true
                cluster1-03_clus2  up/up      169.254.1.1/23     cluster1-03         e0b     true
                cluster1-04_clus1  up/up      169.254.1.6/23     cluster1-04         e0b     true
                cluster1-04_clus2  up/up      169.254.1.7/23     cluster1-04         e0b     true
    8 entries were displayed.
    cluster1::*>
  24. クラスタが正常であることを確認します :cluster show

    cluster1::*> cluster show
    Node                 Health  Eligibility   Epsilon
    -------------------- ------- ------------- -------
    cluster1-01          true    true          false
    cluster1-02          true    true          false
    cluster1-03          true    true          true
    cluster1-04          true    true          false
    4 entries were displayed.
    cluster1::*>
  25. リモートクラスタインターフェイスに ping を実行して接続を確認します。「 cluster ping-cluster -node local 」

    cluster1::*> cluster ping-cluster -node local
    Host is cluster1-03
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster cluster1-03_clus1 169.254.1.3 cluster1-03 e0a
    Cluster cluster1-03_clus2 169.254.1.1 cluster1-03 e0b
    Cluster cluster1-04_clus1 169.254.1.6 cluster1-04 e0a
    Cluster cluster1-04_clus2 169.254.1.7 cluster1-04 e0b
    Cluster cluster1-01_clus1 169.254.3.4 cluster1-01 e0a
    Cluster cluster1-01_clus2 169.254.3.5 cluster1-01 e0d
    Cluster cluster1-02_clus1 169.254.3.8 cluster1-02 e0a
    Cluster cluster1-02_clus2 169.254.3.9 cluster1-02 e0d
    Local = 169.254.1.3 169.254.1.1
    Remote = 169.254.1.6 169.254.1.7 169.254.3.4 169.254.3.5 169.254.3.8 169.254.3.9
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ............
    Basic connectivity succeeds on 12 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................................................
    Detected 9000 byte MTU on 12 path(s):
        Local 169.254.1.3 to Remote 169.254.1.6
        Local 169.254.1.3 to Remote 169.254.1.7
        Local 169.254.1.3 to Remote 169.254.3.4
        Local 169.254.1.3 to Remote 169.254.3.5
        Local 169.254.1.3 to Remote 169.254.3.8
        Local 169.254.1.3 to Remote 169.254.3.9
        Local 169.254.1.1 to Remote 169.254.1.6
        Local 169.254.1.1 to Remote 169.254.1.7
        Local 169.254.1.1 to Remote 169.254.3.4
        Local 169.254.1.1 to Remote 169.254.3.5
        Local 169.254.1.1 to Remote 169.254.3.8
        Local 169.254.1.1 to Remote 169.254.3.9
    Larger than PMTU communication succeeds on 12 path(s)
    RPC status:
    6 paths up, 0 paths down (tcp check)
    6 paths up, 0 paths down (udp check)