日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco スイッチから Cisco Nexus 9336C-FX2 クラスタスイッチへの移行方法

ONTAP クラスタの古い Cisco クラスタスイッチは、無停止で Cisco Nexus 9336C-FX2 クラスタネットワークスイッチに移行できます。

  • 既存のクラスタが適切にセットアップされ、機能している必要があります。

  • ノンストップオペレーションを実現するには、すべてのクラスタポートが up の状態になっている必要があります。

  • Nexus 9336C-FX2 クラスタスイッチは、適切なバージョンの NX-OS がインストールされ、リファレンス構成ファイル( RCF )が適用された状態で設定され、動作している必要があります。

  • 既存のクラスタネットワーク構成には、次のものが必要です。

    • 両方の古い Cisco スイッチを使用する、完全に機能している冗長なネットアップクラスタ。

    • 古い Cisco スイッチと新しいスイッチの両方への管理接続とコンソールアクセス。

    • クラスタ LIF がすべて up 状態でホームポートにあること。

    • ISL ポートが有効で、古い Cisco スイッチ間および新しいスイッチ間でケーブル接続されている。

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • 既存の Cisco Nexus 5596UP クラスタスイッチは、 c1 と c2 です。

  • 新しい Nexus 9336C-FX2 クラスタスイッチは cs1 と cs2 です。

  • ノードは node1 と node2 になります。

  • クラスタ LIF は、ノード 1 では node1_clus1 と node1_clus2 、ノード 2 では node2_clus1 と node2_clus2 です。

  • 最初にスイッチ c2 をスイッチ cs2 に交換し、次にスイッチ c1 をスイッチ cs1 に交換します。

    • cs2 に接続し、 cs2 に一時的な ISL が構築されます。

    • 次にノードと c2 の間のケーブルを c2 から外し、 cs2 に再接続します。

    • その後、ノードと c1 間のケーブルを c1 から切断し、 cs1 に再接続します。

    • 次に、 c2 と cs2 間の一時的な ISL を削除します。

手順
  1. このクラスタで AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= xh

    x は、メンテナンス時間の長さ(時間単位)です。

    注記 AutoSupport メッセージはテクニカルサポートにこのメンテナンスタスクについて通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。
  2. 権限レベルを advanced に変更します。続行するかどうかを尋ねられたら、「 * y * 」と入力します。「 set -privilege advanced 」

    advanced のプロンプト( * > )が表示されます。

  3. すべてのクラスタ LIF で自動リバートが有効になっていることを確認します。「 network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
              Logical
    Vserver   Interface     Auto-revert
    --------- ------------- ------------
    Cluster
              node1_clus1   true
              node1_clus2   true
              node2_clus1   true
              node2_clus2   true
    
    4 entries were displayed.
  4. 各クラスタインターフェイスの管理ステータスまたは動作ステータスを確認します。

    各ポートは 'Link' のために表示され 'Health Status' のために正常である必要があります

    1. ネットワークポートの属性を表示します。「 network port show -ipspace Cluster 」

      cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
      
      Node: node1
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      
      Node: node2
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      
      4 entries were displayed.
    2. 論理インターフェイスとそのホームノードに関する情報を表示します。「 network interface show -vserver Cluster

      それぞれの LIF で、「 Status Admin/Op' 」には up/up 、「 Is Home 」には true と表示される必要があります。

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
                Logical      Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface    Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- -----------  ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    Cluster
                node1_clus1  up/up      169.254.209.69/16  node1         e0a     true
                node1_clus2  up/up      169.254.49.125/16  node1         e0b     true
                node2_clus1  up/up      169.254.47.194/16  node2         e0a     true
                node2_clus2  up/up      169.254.19.183/16  node2         e0b     true
    
    4 entries were displayed.
  5. 各ノードのクラスタポートは、(ノードから見て)次のように既存のクラスタスイッチに接続されています:「 network device-discovery show -protocol cdp

    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node1      /cdp
                e0a    c1                        0/1               N5K-C5596UP
                e0b    c2                        0/1               N5K-C5596UP
    node2      /cdp
                e0a    c1                        0/2               N5K-C5596UP
                e0b    c2                        0/2               N5K-C5596UP
  6. クラスタポートとスイッチは、(スイッチから見て)次のように接続されています。 'How CDP neighbors'

    c1# show cdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                      V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                      s - Supports-STP-Dispute
    
    
    Device-ID             Local Intrfce Hldtme Capability  Platform         Port ID
    node1                 Eth1/1         124   H           FAS2750          e0a
    node2                 Eth1/2         124   H           FAS2750          e0a
    c2                    Eth1/41        179   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/41
    c2                    Eth1/42        175   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/42
    c2                    Eth1/43        179   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/43
    c2                    Eth1/44        175   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/44
    c2                    Eth1/45        179   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/45
    c2                    Eth1/46        179   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/46
    c2                    Eth1/47        175   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/47
    c2                    Eth1/48        179   S I s       N5K-C5596UP      Eth1/48
    Total entries displayed: 10
    
    c2# show cdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                      V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                      s - Supports-STP-Dispute
    
    
    Device-ID             Local Intrfce Hldtme Capability  Platform         Port ID
    node1                 Eth1/1        124    H           FAS2750          e0b
    node2                 Eth1/2        124    H           FAS2750          e0b
    c1                    Eth1/41       175    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/41
    c1                    Eth1/42       175    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/42
    c1                    Eth1/43       175    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/43
    c1                    Eth1/44       175    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/44
    c1                    Eth1/45       175    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/45
    c1                    Eth1/46       175    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/46
    c1                    Eth1/47       176    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/47
    c1                    Eth1/48       176    S I s       N5K-C5596UP      Eth1/48
  7. クラスタネットワークが完全に接続されていることを確認するには、「 cluster ping-cluster -node node-name 」コマンドを使用します

    cluster1::*> cluster ping-cluster -node node2
    
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69 node1     e0a
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125 node1     e0b
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194 node2     e0a
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183 node2     e0b
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  8. cs1 のポート e1/33~34 で、 c1 と cs1 の間の一時的な ISL を設定します。

    次の例は、新しい ISL を c1 と cs1 に設定する方法を示しています。

    cs2# configure
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    cs2(config)# interface e1/33-34
    cs2(config-if-range)# description temporary ISL between Nexus 5596UP and Nexus 9336C
    cs2(config-if-range)# no lldp transmit
    cs2(config-if-range)# no lldp receive
    cs2(config-if-range)# switchport mode trunk
    cs2(config-if-range)# no spanning-tree bpduguard enable
    cs2(config-if-range)# channel-group 101 mode active
    cs2(config-if-range)# exit
    cs2(config)# interface port-channel 101
    cs2(config-if)# switchport mode trunk
    cs2(config-if)# spanning-tree port type network
    cs2(config-if)# exit
    cs2(config)# exit
  9. c2 のポート e1/33~34 から ISL ケーブルを取り外し、 cs2 のポート e1/33~34 にケーブルを接続します。

  10. c2 と cs2 に接続している ISL ポートとポートチャネルが動作していることを確認します「 show port-channel summary

    次の例は、 c2 および cs2 上で ISL ポートが動作していることを確認するために使用する Cisco show port-channel summary コマンドを示しています。

    c2# show port-channel summary
    Flags:  D - Down        P - Up in port-channel (members)
            I - Individual  H - Hot-standby (LACP only)
            s - Suspended   r - Module-removed
            b - BFD Session Wait
            S - Switched    R - Routed
            U - Up (port-channel)
            p - Up in delay-lacp mode (member)
            M - Not in use. Min-links not met
    --------------------------------------------------------------------------------
    Group Port-       Type     Protocol  Member Ports
          Channel
    --------------------------------------------------------------------------------
    1     Po1(SU)     Eth      LACP      Eth1/41(P)   Eth1/42(P)   Eth1/43(P)
                                         Eth1/44(P)   Eth1/45(P)   Eth1/46(P)
                                         Eth1/47(P)   Eth1/48(P)
    
    
    cs2# show port-channel summary
    Flags:  D - Down        P - Up in port-channel (members)
            I - Individual  H - Hot-standby (LACP only)
            s - Suspended   r - Module-removed
            b - BFD Session Wait
            S - Switched    R - Routed
            U - Up (port-channel)
            p - Up in delay-lacp mode (member)
            M - Not in use. Min-links not met
    --------------------------------------------------------------------------------
    Group Port-       Type     Protocol  Member Ports
          Channel
    --------------------------------------------------------------------------------
    1     Po1(SU)     Eth      LACP      Eth1/35(P)   Eth1/36(P)
    101   Po101(SU)   Eth      LACP      Eth1/41(P)   Eth1/42(P)   Eth1/43(P)
                                         Eth1/44(P)   Eth1/45(P)   Eth1/46(P)
                                         Eth1/47(P)   Eth1/48(P)
  11. ノード 1 について、 c2 の e1/1 からケーブルを外し、 Nexus 9336C-FX2 でサポートされている適切なケーブルを使用して cs2 の e1/1 に接続します。

  12. ノード 2 について、 c2 の e1/2 からケーブルを外し、 Nexus 9336C-FX2 でサポートされている適切なケーブルを使用して cs2 の e1/2 に接続します。

  13. これで、各ノードのクラスタポートは、ノードから見て次のようにクラスタスイッチに接続されました。「 network device-discovery show -protocol cdp

    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node1      /cdp
                e0a    c1                        0/1               N5K-C5596UP
                e0b    cs2                       0/1               N9K-C9336C
    
    node2      /cdp
                e0a    c1                        0/2               N5K-C5596UP
                e0b    cs2                       0/2               N9K-C9336C
  14. ノード 1 について、 c1 の E1/1 からケーブルを外し、 Nexus 9336C-FX2 でサポートされている適切なケーブルを使用して、 cs1 の E1/1 にケーブルを接続します。

  15. ノード 2 について、 c1 の e1/2 からケーブルを外し、 Nexus 9336C-FX2 でサポートされている適切なケーブルを使用して、 cs1 の e1/2 にケーブルを接続します。

  16. これで、各ノードのクラスタポートは、ノードから見て次のようにクラスタスイッチに接続されました。「 network device-discovery show -protocol cdp

    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node1      /cdp
                e0a    cs1                       0/1               N9K-C9336C
                e0b    cs2                       0/1               N9K-C9336C
    
    node2      /cdp
                e0a    cs1                       0/2               N9K-C9336C
                e0b    cs2                       0/2               N9K-C9336C
  17. cs1 と c1 間の一時的な ISL を削除します。

    cs1(config)# no interface port-channel 101
    cs1(config)# interface e1/33-34
    cs1(config-if-range)# lldp transmit
    cs1(config-if-range)# lldp receive
    cs1(config-if-range)# no switchport mode trunk
    cs1(config-if-range)# no channel-group
    cs1(config-if-range)# description 10GbE Node Port
    cs1(config-if-range)# spanning-tree bpduguard enable
    cs1(config-if-range)# exit
    cs1(config)# exit
  18. クラスタの最後の設定を確認します「 network port show -ipspace Cluster 」

    各ポートは 'Link' のために表示され 'Health Status' のために正常である必要があります

    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    
    Node: node1
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    Node: node2
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    4 entries were displayed.
    
    
    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    Cluster
                node1_clus1  up/up    169.254.209.69/16  node1         e0a     true
                node1_clus2  up/up    169.254.49.125/16  node1         e0b     true
                node2_clus1  up/up    169.254.47.194/16  node2         e0a     true
                node2_clus2  up/up    169.254.19.183/16  node2         e0b     true
    
    4 entries were displayed.
    
    
    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node2      /cdp
                e0a    cs1                       0/2               N9K-C9336C
                e0b    cs2                       0/2               N9K-C9336C
    node1      /cdp
                e0a    cs1                       0/1               N9K-C9336C
                e0b    cs2                       0/1               N9K-C9336C
    
    4 entries were displayed.
  19. 両方のノードがそれぞれ 1 つのスイッチに接続されていることを確認します。「 How CDP Neighbors' 」

    次の例は、両方のスイッチの該当する結果を示しています。

    cs1# show cdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                      V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                      s - Supports-STP-Dispute
    
    Device-ID          Local Intrfce  Hldtme Capability  Platform      Port ID
    node1              Eth1/1         124    H           FAS2750       e0a
    node2              Eth1/2         124    H           FAS2750       e0a
    cs2                Eth1/35        179    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/35
    cs2                Eth1/36        179    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/36
    
    
    cs2# show cdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                      V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                      s - Supports-STP-Dispute
    
    Device-ID          Local Intrfce  Hldtme Capability  Platform      Port ID
    node1              Eth1/1         124    H           FAS2750       e0b
    node2              Eth1/2         124    H           FAS2750       e0b
    cs1                Eth1/35        179    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/35
    cs1                Eth1/36        179    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/36
    
    Total entries displayed: 4
  20. クラスタネットワークが完全に接続されていることを確認します。「 cluster ping-cluster -node node-name 」

    cluster1::*> set -priv advanced
    
    Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when
             directed to do so by NetApp personnel.
    Do you want to continue? {y|n}: y
    
    cluster1::*> cluster ping-cluster -node node2
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69 node1     e0a
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125 node1     e0b
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194 node2     e0a
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183 node2     e0b
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
    
    
    cluster1::*> set -privilege admin
    cluster1::*>
  21. ONTAP 9.8 以降の場合は、「 system switch ethernet log setup-password 」および「 system switch ethernet log enable-collection 」の 2 つのコマンドを使用して、スイッチ関連のログファイルを収集するためのイーサネットスイッチヘルスモニタログ収集機能をイネーブルにします

    「 system switch ethernet log setup -password 」と入力します

    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    Enter the switch name: <return>
    The switch name entered is not recognized.
    Choose from the following list:
    cs1
    cs2
    
    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    
    Enter the switch name: cs1
    RSA key fingerprint is e5:8b:c6:dc:e2:18:18:09:36:63:d9:63:dd:03:d9:cc
    Do you want to continue? {y|n}::[n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    
    Enter the switch name: cs2
    RSA key fingerprint is 57:49:86:a1:b9:80:6a:61:9a:86:8e:3c:e3:b7:1f:b1
    Do you want to continue? {y|n}:: [n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>

    次に 'system switch ethernet log enable-colion' を実行します

    cluster1::*> system  switch ethernet log enable-collection
    
    Do you want to enable cluster log collection for all nodes in the cluster?
    {y|n}: [n] y
    
    Enabling cluster switch log collection.
    
    cluster1::*>
    注記 これらのコマンドのいずれかでエラーが返される場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。
  22. ONTAP リリース 9.5P16 、 9.6P12 、および 9.7P10 以降のパッチ・リリースでは、スイッチ関連のログ・ファイルを収集するために、イーサネットスイッチヘルス・モニタのログ収集機能をイネーブルにします。これには、「 system cluster-switch log setup-password 」および「 system cluster-switch log enable-collection 」の各コマンドを使用します

    「 system cluster-switch log setup -password 」と入力します

    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    Enter the switch name: <return>
    The switch name entered is not recognized.
    Choose from the following list:
    cs1
    cs2
    
    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: cs1
    RSA key fingerprint is e5:8b:c6:dc:e2:18:18:09:36:63:d9:63:dd:03:d9:cc
    Do you want to continue? {y|n}::[n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: cs2
    RSA key fingerprint is 57:49:86:a1:b9:80:6a:61:9a:86:8e:3c:e3:b7:1f:b1
    Do you want to continue? {y|n}:: [n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>

    次に 'system cluster-switch log enable-collection' を指定します

    cluster1::*> system cluster-switch log enable-collection
    
    Do you want to enable cluster log collection for all nodes in the cluster?
    {y|n}: [n] y
    
    Enabling cluster switch log collection.
    
    cluster1::*>
    注記 これらのコマンドのいずれかでエラーが返される場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。
  23. ケースの自動作成を抑制した場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出して再度有効にします。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=end