日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco Nexus 9336C-FX2 クラスタスイッチを交換します

クラスタネットワーク内の障害のある Nexus 9336C-FX2 スイッチの交換は、無停止手順( NDU )です。

現在の環境および交換用スイッチでスイッチの交換を実行する前に、次の条件が満たされている必要があります。

  • 既存のクラスタとネットワークインフラ:

    • 既存のクラスタで、少なくとも 1 つのクラスタスイッチが完全に接続されており、完全に機能することを確認する必要があります。

    • すべてのクラスタポートが稼働している必要があります。

    • すべてのクラスタ LIF が、 up の状態でホームポートにある必要があります。

    • ONTAP cluster ping-cluster -node node1 コマンドは、すべてのパスで基本的な接続と larger than PMTU communication が成功したことを示す必要があります。

  • Nexus 9336C-FX2 交換スイッチ:

    • 交換用スイッチの管理ネットワーク接続が機能している必要があります。

    • 交換用スイッチへのコンソールアクセスが確立されている必要があります。

    • ノード接続はポート 1/1~1/34 です。

    • ポート 1/35 および 1/36 では、すべてのスイッチ間リンク( ISL )ポートを無効にする必要があります。

    • 必要なリファレンス構成ファイル( RCF )と NX-OS オペレーティングシステムのイメージスイッチをスイッチにロードする必要があります。

    • スイッチの初期カスタマイズが完了している必要があります。詳細については、次を参照してください。

    STP 、 SNMP 、 SSH などの以前のサイトのカスタマイズは、すべて新しいスイッチにコピーする必要があります。

クラスタ LIF を移行するコマンドは、そのクラスタ LIF がホストされているノードで実行する必要があります。

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • 既存の Nexus 9336C-FX2 スイッチの名前は cs1 と cs2 です。

  • 新しい Nexus 9336C-FX2 スイッチの名前は newcs2 です。

  • ノード名は node1 と node2 になります。

  • 各ノードのクラスタポートの名前は e0a および e0b です。

  • クラスタ LIF の名前は、ノード 1 では node1_clus1 と node1_clus2 、ノード 2 では node2_clus1 と node2_clus2 です。

  • すべてのクラスタノードへの変更を求めるプロンプトは、 cluster1 : * > です。

注記 次の手順は、次のクラスタネットワークトポロジに基づいています。
cluster1::*> network port show -ipspace Cluster

Node: node1
                                                                       Ignore
                                                  Speed(Mbps) Health   Health
Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
--------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false

Node: node2
                                                                       Ignore
                                                  Speed(Mbps) Health   Health
Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
--------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
4 entries were displayed.



cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
            Logical    Status     Network            Current       Current Is
Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
Cluster
            node1_clus1  up/up    169.254.209.69/16  node1         e0a     true
            node1_clus2  up/up    169.254.49.125/16  node1         e0b     true
            node2_clus1  up/up    169.254.47.194/16  node2         e0a     true
            node2_clus2  up/up    169.254.19.183/16  node2         e0b     true
4 entries were displayed.



cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
Node/       Local  Discovered
Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
node2      /cdp
            e0a    cs1                       Eth1/2            N9K-C9336C
            e0b    cs2                       Eth1/2            N9K-C9336C
node1      /cdp
            e0a    cs1                       Eth1/1            N9K-C9336C
            e0b    cs2                       Eth1/1            N9K-C9336C
4 entries were displayed.



cs1# show cdp neighbors

Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                  S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                  V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                  s - Supports-STP-Dispute

Device-ID          Local Intrfce  Hldtme Capability  Platform      Port ID
node1              Eth1/1         144    H           FAS2980       e0a
node2              Eth1/2         145    H           FAS2980       e0a
cs2                Eth1/35        176    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/35
cs2(FDO220329V5)   Eth1/36        176    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/36

Total entries displayed: 4


cs2# show cdp neighbors

Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                  S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                  V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                  s - Supports-STP-Dispute

Device-ID          Local Intrfce  Hldtme Capability  Platform      Port ID
node1              Eth1/1         139    H           FAS2980       e0b
node2              Eth1/2         124    H           FAS2980       e0b
cs1                Eth1/35        178    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/35
cs1                Eth1/36        178    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/36

Total entries displayed: 4
手順
  1. このクラスタで AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= xh

    x は、メンテナンス時間の長さ(時間単位)です。

    注記 AutoSupport メッセージはテクニカルサポートにこのメンテナンスタスクについて通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。
  2. 適切な RCF とイメージをスイッチ newcs2 にインストールし、必要なサイトの準備を行います。

    必要に応じて、新しいスイッチ用に、 RCF および NX-OS ソフトウェアの適切なバージョンを確認、ダウンロード、およびインストールします。新しいスイッチが正しくセットアップされており、 RCF および NX-OS ソフトウェアの更新が不要であることを確認した場合は、手順 2 に進みます。

    1. ネットアップサポートサイトの「 _NetApp Cluster and Management Network Switches Reference Configuration File 概要 Page_on 」にアクセスします。

    2. Cluster Network and Management Network Compatibility Matrix 」のリンクをクリックし、必要なスイッチソフトウェアのバージョンを確認します。

    3. ブラウザの戻る矢印をクリックして概要ページに戻り、 * continue * をクリックして、ライセンス契約に同意し、ダウンロードページに移動します。

    4. ダウンロードページの手順に従って、インストールする ONTAP ソフトウェアのバージョンに対応した正しい RCF ファイルと NX-OS ファイルをダウンロードします。

  3. 新しいスイッチに admin としてログインし、ノードクラスタインターフェイス(ポート 1/1~1/34 )に接続するすべてのポートをシャットダウンします。

    交換するスイッチが機能せず、電源がオフになっている場合は、手順 4 に進みます。クラスタノードの LIF は、各ノードのもう一方のクラスタポートにすでにフェイルオーバーされている必要があります。

    newcs2# config
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    newcs2(config)# interface e1/1-34
    newcs2(config-if-range)# shutdown
  4. すべてのクラスタ LIF で自動リバートが有効になっていることを確認します。「 network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert

    cluster1::> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
                 Logical
    Vserver      Interface     Auto-revert
    ------------ ------------- -------------
    Cluster      node1_clus1   true
    Cluster      node1_clus2   true
    Cluster      node2_clus1   true
    Cluster      node2_clus2   true
    
    4 entries were displayed.
  5. すべてのクラスタ LIF が通信できることを確認します。「 cluster ping-cluster 」

    cluster1::*> cluster ping-cluster node1
    
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69 node1 e0a
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125 node1 e0b
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194 node2 e0a
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183 node2 e0b
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
    Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
    Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
    Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
    Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  6. Nexus 9336C-FX2 スイッチ cs1 の ISL ポート 1/35 および 1/36 をシャットダウンします。

    cs1# configure
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    cs1(config)# interface e1/35-36
    cs1(config-if-range)# shutdown
    cs1(config-if-range)#
  7. すべてのケーブルを Nexus 9336C-FX2 cs2 スイッチから取り外し、 Nexus C9336C-FX2 newcs2 スイッチの同じポートに接続します。

  8. cs1 スイッチと newcs2 スイッチ間で ISL ポート 1/35 と 1/36 を起動し、ポートチャネルの動作ステータスを確認します。

    ポートチャネルは Po1 ( SU )を示し、メンバーポートは Eth1/35 ( P )および Eth1/36 ( P )を示している必要があります。

    次の例では、 ISL ポート 1/35 および 1/36 を有効にし、スイッチ cs1 のポートチャネルの概要を表示します。

    cs1# configure
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    cs1(config)# int e1/35-36
    cs1(config-if-range)# no shutdown
    
    cs1(config-if-range)# show port-channel summary
    Flags:  D - Down        P - Up in port-channel (members)
            I - Individual  H - Hot-standby (LACP only)
            s - Suspended   r - Module-removed
            b - BFD Session Wait
            S - Switched    R - Routed
            U - Up (port-channel)
            p - Up in delay-lacp mode (member)
            M - Not in use. Min-links not met
    --------------------------------------------------------------------------------
    Group Port-       Type     Protocol  Member       Ports
          Channel
    --------------------------------------------------------------------------------
    1     Po1(SU)     Eth      LACP      Eth1/35(P)   Eth1/36(P)
    
    cs1(config-if-range)#
  9. すべてのノードでポート e0b が up になっていることを確認します。「 network port show ipspace Cluster 」

    次のような出力が表示されます。

    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    
    Node: node1
                                                                            Ignore
                                                       Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU   Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ----- ----------- -------- -------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000  healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000  healthy  false
    
    Node: node2
                                                                            Ignore
                                                       Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU   Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ----- ----------- -------- -------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000  healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/auto   -        false
    
    4 entries were displayed.
  10. 前の手順と同じノードで、 network interface revert コマンドを使用して、前の手順でポートに関連付けられたクラスタ LIF をリバートします。

    この例では、 Home の値が true でポートが e0b の場合、ノード 1 の LIF node1_clus2 は正常にリバートされています。

    次のコマンドは、 node1 上の LIF 'node1_clus2' をホームポート e0a に返し、両方のノード上の LIF に関する情報を表示します。両方のクラスタ・インターフェイスで Is Home 列が true で、ノード 1 の「 e0a' 」と「 e0b 」のように正しいポート割り当てが表示されている場合、最初のノードの起動は成功します。

    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
                Logical      Status     Network            Current    Current Is
    Vserver     Interface    Admin/Oper Address/Mask       Node       Port    Home
    ----------- ------------ ---------- ------------------ ---------- ------- -----
    Cluster
                node1_clus1  up/up      169.254.209.69/16  node1      e0a     true
                node1_clus2  up/up      169.254.49.125/16  node1      e0b     true
                node2_clus1  up/up      169.254.47.194/16  node2      e0a     true
                node2_clus2  up/up      169.254.19.183/16  node2      e0a     false
    
    4 entries were displayed.
  11. クラスタ内のノードに関する情報を表示します cluster show

    次の例では、このクラスタのノード node1 と node2 のノードの健常性が true であることを示します。

    cluster1::*> cluster show
    
    Node          Health  Eligibility
    ------------- ------- ------------
    node1         false   true
    node2         true    true
  12. すべての物理クラスタ・ポートが動作していることを確認します「 network port show ipspace Cluster

    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    
    Node node1                                                               Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace     Broadcast Domain  Link  MTU   Admin/Oper  Status   Status
    --------- ----------- ----------------- ----- ----- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster     Cluster           up    9000  auto/10000  healthy  false
    e0b       Cluster     Cluster           up    9000  auto/10000  healthy  false
    
    Node: node2
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link  MTU   Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ----- ----- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up    9000  auto/10000  healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up    9000  auto/10000  healthy  false
    
    4 entries were displayed.
  13. すべてのクラスタ LIF が通信できることを確認します。「 cluster ping-cluster 」

    cluster1::*> cluster ping-cluster -node node2
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69 node1 e0a
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125 node1 e0b
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194 node2 e0a
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183 node2 e0b
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    ....
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
    Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
    Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
    Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
    Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  14. 次のクラスタ・ネットワーク構成を確認します「 network port show

    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    Node: node1
                                                                           Ignore
                                           Speed(Mbps)            Health   Health
    Port      IPspace     Broadcast Domain Link MTU   Admin/Oper  Status   Status
    --------- ----------- ---------------- ---- ----- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster     Cluster          up   9000  auto/10000  healthy  false
    e0b       Cluster     Cluster          up   9000  auto/10000  healthy  false
    
    Node: node2
                                                                           Ignore
                                            Speed(Mbps)           Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000 auto/10000  healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000 auto/10000  healthy  false
    
    4 entries were displayed.
    
    
    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
    
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    Cluster
                node1_clus1  up/up    169.254.209.69/16  node1         e0a     true
                node1_clus2  up/up    169.254.49.125/16  node1         e0b     true
                node2_clus1  up/up    169.254.47.194/16  node2         e0a     true
                node2_clus2  up/up    169.254.19.183/16  node2         e0b     true
    
    4 entries were displayed.
    
    cluster1::> network device-discovery show -protocol cdp
    
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node2      /cdp
                e0a    cs1                       0/2               N9K-C9336C
                e0b    newcs2                    0/2               N9K-C9336C
    node1      /cdp
                e0a    cs1                       0/1               N9K-C9336C
                e0b    newcs2                    0/1               N9K-C9336C
    
    4 entries were displayed.
    
    
    cs1# show cdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                      V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                      s - Supports-STP-Dispute
    
    Device-ID            Local Intrfce  Hldtme Capability  Platform      Port ID
    node1                Eth1/1         144    H           FAS2980       e0a
    node2                Eth1/2         145    H           FAS2980       e0a
    newcs2               Eth1/35        176    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/35
    newcs2               Eth1/36        176    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/36
    
    Total entries displayed: 4
    
    
    cs2# show cdp neighbors
    
    Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
                      S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
                      V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
                      s - Supports-STP-Dispute
    
    Device-ID          Local Intrfce  Hldtme Capability  Platform      Port ID
    node1              Eth1/1         139    H           FAS2980       e0b
    node2              Eth1/2         124    H           FAS2980       e0b
    cs1                Eth1/35        178    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/35
    cs1                Eth1/36        178    R S I s     N9K-C9336C    Eth1/36
    
    Total entries displayed: 4
  15. ONTAP 9.8 以降では、「 system switch ethernet log setup-password 」および「 system switch ethernet log enable -collection 」コマンドを使用して、スイッチ関連のログファイルを収集するためのイーサネットスイッチヘルスモニタログ収集機能をイネーブルにします

    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    Enter the switch name: <return>
    The switch name entered is not recognized.
    Choose from the following list:
    cs1
    cs2
    
    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    
    Enter the switch name: cs1
    RSA key fingerprint is e5:8b:c6:dc:e2:18:18:09:36:63:d9:63:dd:03:d9:cc
    Do you want to continue? {y|n}::[n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system switch ethernet log setup-password
    
    Enter the switch name: cs2
    RSA key fingerprint is 57:49:86:a1:b9:80:6a:61:9a:86:8e:3c:e3:b7:1f:b1
    Do you want to continue? {y|n}:: [n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system  switch ethernet log enable-collection
    
    Do you want to enable cluster log collection for all nodes in the cluster?
    {y|n}: [n] y
    
    Enabling cluster switch log collection.
    
    cluster1::*>
    注記 これらのコマンドのいずれかでエラーが返される場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。
  16. ONTAP リリース 9.5P16 、 9.6P12 、および 9.7P10 以降のパッチ・リリースでは、スイッチ関連のログ・ファイルを収集するために、イーサネットスイッチヘルス・モニタのログ収集機能をイネーブルにします。これには、「 system cluster-switch log setup-password 」および「 system cluster-switch log enable-collection 」の各コマンドを使用します

    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    Enter the switch name: <return>
    The switch name entered is not recognized.
    Choose from the following list:
    cs1
    cs2
    
    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: cs1
    RSA key fingerprint is e5:8b:c6:dc:e2:18:18:09:36:63:d9:63:dd:03:d9:cc
    Do you want to continue? {y|n}::[n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system cluster-switch log setup-password
    
    Enter the switch name: cs2
    RSA key fingerprint is 57:49:86:a1:b9:80:6a:61:9a:86:8e:3c:e3:b7:1f:b1
    Do you want to continue? {y|n}:: [n] y
    
    Enter the password: <enter switch password>
    Enter the password again: <enter switch password>
    
    cluster1::*> system cluster-switch log enable-collection
    
    Do you want to enable cluster log collection for all nodes in the cluster?
    {y|n}: [n] y
    
    Enabling cluster switch log collection.
    
    cluster1::*>
    注記 これらのコマンドのいずれかでエラーが返される場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。
  17. ケースの自動作成を抑制した場合は、 AutoSupport メッセージ「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=end 」を呼び出して作成を再度有効にします