日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco Nexus 9336C-FX2 ストレージスイッチを交換します

Cisco Nexus 9336C-FX2 ストレージスイッチを交換する場合は、特定の設定情報、ポート接続、およびケーブル接続要件に注意する必要があります。

Cisco Nexus 9336C-FX2 ストレージスイッチに NX-OS ソフトウェアと RCF をインストールする前に、次の条件が満たされていることを確認する必要があります。

  • ご使用のシステムでは、 Cisco Nexus 9336C-FX2 ストレージスイッチをサポートできます。

  • サポートされている ONTAP 、 NX-OS 、および RCF のバージョンについては、 Cisco イーサネットスイッチのページにあるスイッチ互換性の表を参照してください。

    注記 RCF バージョンと NX-OS バージョンのコマンド構文には依存関係があることに注意してください。
  • Cisco スイッチのアップグレードおよびダウングレード手順の詳細なドキュメントについては、 Cisco の Web サイトで入手可能な、適切なソフトウェアおよびアップグレードガイドを参照しておく必要があります。Cisco Nexus 3000 シリーズスイッチ

  • 該当する RCF をダウンロードしておく必要があります。

既存のネットワーク構成には、次のような特徴があります。

  • Cisco Ethernet Switches のページに、スイッチ上の最新の RCF および NX-OS バージョンが含まれています。

  • 両方のスイッチで管理接続が確立されている必要があります。

    注記 スイッチの交換が必要かどうかを確認するために、すべてのトラブルシューティング手順が完了していることを確認します。

    交換用 Cisco Nexus 9336C-FX2 スイッチには、次の特性が必要です。

  • 管理ネットワーク接続が機能している必要があります。

  • 交換用スイッチへのコンソールアクセスが確立されている必要があります。

  • 適切な RCF および NX-OS オペレーティングシステムイメージをスイッチにロードする必要があります。

  • スイッチの初期カスタマイズが完了している必要があります。

手順のまとめ

この手順は、 2 番目の Nexus 9336C-FX2 ストレージスイッチ S2 を新しい 9336C-FX2 スイッチ NS2 に置き換えます。2 つのノードは node1 と node2 になります。

完了する手順:

  • 交換するスイッチが S2 であることを確認します。

  • スイッチ S2 からケーブルを外します。

  • スイッチ NS2 にケーブルを再接続します

  • スイッチ NS2 のすべてのデバイス構成を確認します

手順
  1. このクラスタで AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= xh

    x は、メンテナンス時間の長さ(時間単位)です。

  2. ストレージノードポートのヘルスステータスをチェックして、ストレージスイッチ S1 に接続されていることを確認します。

    storage port show -port-type enet

    storage::*> storage port show -port-type ENET
                                      Speed                     VLAN
    Node           Port Type  Mode    (Gb/s) State    Status      ID
    -------------- ---- ----- ------- ------ -------- --------- ----
    node1
                   e3a  ENET  storage 100    enabled  online      30
                   e3b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                   e7a  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                   e7b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
    node2
                   e3a  ENET  storage 100    enabled  online      30
                   e3b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                   e7a  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                   e7b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
    storage::*>
  3. ストレージ・スイッチ S1 が使用可能であることを確認します: network device-discovery show

    storage::*> network device-discovery show
    Node/      Local Discovered
    Protocol   Port	 Device (LLDP: ChassisID)  Interface  Platform
    --------   ----  -----------------------   ---------   ---------
    node1/cdp
               e3a   S1                        Ethernet1/1 NX9336C
               e4a   node2                     e4a         AFF-A700
               e4e   node2                     e4e         AFF-A700
    node1/lldp
               e3a   S1                        Ethernet1/1 -
               e4a   node2                     e4a         -
               e4e   node2                     e4e         -
    node2/cdp
               e3a   S1                        Ethernet1/2 NX9336C
               e4a   node1                     e4a         AFF-A700
               e4e   node1                     e4e         AFF-A700
    node2/lldp
               e3a   S1                        Ethernet1/2 -
               e4a   node1                     e4a         -
               e4e   node1                     e4e         -
    storage::*>
  4. 動作中のスイッチで show LLDP neighbors コマンドを実行して、ノードとすべてのシェルフの両方が表示されることを確認します。「 show lldp neighbors 」

    S1# show lldp neighbors
    Capability codes:
       (R) Router, (B) Bridge, (T) Telephone, (C) DOCSIS Cable Device
       (W) WLAN Access Point, (P) Repeater, (S) Station, (O) Other
    Device ID        Local Intf   Hold-time    Capability    Port ID
    node1            Eth1/1       121          S             e3a
    node2            Eth1/2       121          S             e3a
    SHFGD2008000011  Eth1/5       121          S             e0a
    SHFGD2008000011  Eth1/6       120          S             e0a
    SHFGD2008000022  Eth1/7       120          S             e0a
    SHFGD2008000022  Eth1/8       120          S             e0a
  5. ストレージ・システムのシェルフ・ポートを確認します storage shelf port show -fields remote-device 、 remote-port

    storage::*> storage shelf port show -fields remote-device,remote-port
    shelf   id  remote-port   remote-device
    -----   --  -----------   -------------
    3.20    0   Ethernet1/5   S1
    3.20    1   -             -
    3.20    2   Ethernet1/6   S1
    3.20    3   -             -
    3.30    0   Ethernet1/7   S1
    3.20    1   -             -
    3.30    2   Ethernet1/8   S1
    3.20    3   -             -
    storage::*>
  6. ストレージスイッチ S2 に接続されているすべてのケーブルを取り外します。

  7. 交換用スイッチの NS2 にすべてのケーブルを再接続します。

  8. ストレージノードポートのヘルスステータスを再確認します storage port show -port -type enet

    storage::*> storage port show -port-type ENET
                                        Speed                     VLAN
    Node             Port Type  Mode    (Gb/s) State    Status      ID
    ---------------- ---- ----- ------- ------ -------- --------- ----
    node1
                     e3a  ENET  storage 100    enabled  online      30
                     e3b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                     e7a  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                     e7b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
    node2
                     e3a  ENET  storage 100    enabled  online      30
                     e3b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                     e7a  ENET  storage   0    enabled  offline     30
                     e7b  ENET  storage   0    enabled  offline     30
    storage::*>
  9. 両方のスイッチが使用可能であることを確認します。「 network device-discovery show 」を参照してください

    storage::*> network device-discovery show
    Node/     Local Discovered
    Protocol  Port  Device (LLDP: ChassisID)  Interface	  Platform
    --------  ----  -----------------------   ---------   ---------
    node1/cdp
              e3a  S1                         Ethernet1/1 NX9336C
              e4a  node2                      e4a         AFF-A700
              e4e  node2                      e4e         AFF-A700
              e7b   NS2                       Ethernet1/1 NX9336C
    node1/lldp
              e3a  S1                         Ethernet1/1 -
              e4a  node2                      e4a         -
              e4e  node2                      e4e         -
              e7b  NS2                        Ethernet1/1 -
    node2/cdp
              e3a  S1                         Ethernet1/2 NX9336C
              e4a  node1                      e4a         AFF-A700
              e4e  node1                      e4e         AFF-A700
              e7b  NS2                        Ethernet1/2 NX9336C
    node2/lldp
              e3a  S1                         Ethernet1/2 -
              e4a  node1                      e4a         -
              e4e  node1                      e4e         -
              e7b  NS2                        Ethernet1/2 -
    storage::*>
  10. ストレージ・システムのシェルフ・ポートを確認します storage shelf port show -fields remote-device 、 remote-port

    storage::*> storage shelf port show -fields remote-device,remote-port
    shelf   id    remote-port     remote-device
    -----   --    -----------     -------------
    3.20    0     Ethernet1/5     S1
    3.20    1     Ethernet1/5     NS2
    3.20    2     Ethernet1/6     S1
    3.20    3     Ethernet1/6     NS2
    3.30    0     Ethernet1/7     S1
    3.20    1     Ethernet1/7     NS2
    3.30    2     Ethernet1/8     S1
    3.20    3     Ethernet1/8     NS2
    storage::*>
  11. ケースの自動作成を抑制した場合は、 AutoSupport メッセージ「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=end 」を呼び出して作成を再度有効にします