日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco Nexus 9336C-FX2 ケーブル接続ワークシート

サポート対象のプラットフォームを文書化する場合は、入力済みのケーブル接続ワークシートの例を参考にして、空白のケーブル接続ワークシートに記入する必要があります。

ケーブル接続ワークシートの例

各スイッチペアのポート定義の例を次に示します。

クラスタスイッチ A クラスタスイッチ B

スイッチポート

使用するノードとポート

スイッチポート

使用するノードとポート

1.

4x10GbE ノード 1

1.

4x10GbE ノード 1

2.

4x10GbE ノード 2

2.

4x10GbE ノード 2

3.

4x10GbE ノード 3

3.

4x10GbE ノード 3

4.

4 × 25GbE ノード 4

4.

4 × 25GbE ノード 4

5.

4 × 25GbE ノード 5

5.

4 × 25GbE ノード 5

6.

4 × 25GbE ノード 6

6.

4 × 25GbE ノード 6

7.

100GbE ノード 7 × 4

7.

100GbE ノード 7 × 4

8.

100GbE ノード 8 × 4

8.

100GbE ノード 8 × 4

9.

100GbE ノード 9 × 4

9.

100GbE ノード 9 × 4

10.

100GbE ノード 10 × 4

10.

100GbE ノード 10 × 4

11.

100GbE ノード 11 × 4

11.

100GbE ノード 11 × 4

12.

100GbE ノード 12 × 4

12.

100GbE ノード 12 × 4

13

100GbE ノード 13 × 4

13

100GbE ノード 13 × 4

14

100GbE ノード 14 × 4

14

100GbE ノード 14 × 4

15

100GbE ノード 15 × 4

15

100GbE ノード 15 × 4

16

100GbE ノード 16 × 4

16

100GbE ノード 16 × 4

17

100GbE ノード 4 個 17

17

100GbE ノード 4 個 17

18

100GbE ノード 4 台 18

18

100GbE ノード 4 台 18

19

100GbE ノード 4 個 19

19

100GbE ノード 4 個 19

20

100GbE ノード 20 × 4

20

100GbE ノード 20 × 4

21

100GbE ノード 21 × 4

21

100GbE ノード 21 × 4

22

100GbE ノード 22 × 4

22

100GbE ノード 22 × 4

23

100GbE ノード 23 × 4

23

100GbE ノード 23 × 4

24

100GbE ノード 4 台 24

24

100GbE ノード 4 台 24

25 ~ 34

予約済み

25 ~ 34

予約済み

35

100G ISL 経由でスイッチ B ポート 35

35

100G ISL 経由でスイッチ A ポート 35

36

100G ISL 経由でスイッチ B ポート 36

36

100G ISL 経由でスイッチ A ポート 36

空白のケーブル接続ワークシート

空白のケーブル接続ワークシートを使用して、クラスタ内のノードとしてサポートされるプラットフォームを文書化できます。Hardware Universe のサポートされるクラスタ接続セクションでは、プラットフォームで使用されるクラスタポートを定義します。

クラスタスイッチ A クラスタスイッチ B

1.

1.

2.

2.

3.

3.

4.

4.

5.

5.

6.

6.

7.

7.

8.

8.

9.

9.

10.

10.

11.

11.

12.

12.

13

13

14

14

15

15

16

16

17

17

18

18

19

19

20

20

21

21

22

22

23

23

24

24

25 ~ 34

予約済み

25 ~ 34

予約済み

35

100G ISL 経由でスイッチ B ポート 35

35

100G ISL 経由でスイッチ A ポート 35

36

100G ISL 経由でスイッチ B ポート 36

36

100G ISL 経由でスイッチ A ポート 36