日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲートの再配置に失敗しまし

アグリゲートの再配置( ARL )がアップグレード中に別のポイントで失敗することがあります。

アグリゲートの再配置に失敗していないかどうか

手順の処理中に、ステージ 2 、ステージ 3 、またはステージ 5 で ARL が失敗することがあります。

手順
  1. 次のコマンドを入力し、出力を確認します。

    「 storage aggregate relocation show 」を参照してください

    「 storage aggregate relocation show 」コマンドを実行すると、正常に再配置されたアグリゲートと再配置されなかったアグリゲート、および障害の原因が表示されます。

  2. コンソールで EMS メッセージを確認します。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • 「 storage aggregate relocation show 」コマンドの出力と EMS メッセージの出力に応じて、適切な方法を実行します。

    • 「 storage aggregate relocation start 」コマンドの「 override-vetoes 」オプションまたは「 override-vetoes destination-checks 」オプションを使用して、アグリゲートまたはアグリゲートの強制的な再配置を実行します。

    「 storage aggregate relocation start 」、「 override-vetoes 」、および「 override-vetoes destination-checks 」オプションの詳細については、を参照してください "参考資料" ONTAP 9 コマンド:マニュアルページリファレンスにリンクするには、次の手順を実行します。

アップグレードの完了後、元々 node1 にあるアグリゲートは node2 によって所有されています

アップグレード手順の最後に、 node1 がホームノードとして使用されていたアグリゲートの新しいホームノードになっている必要があります。このパスはアップグレード後に再配置できます。

次の状況で、アグリゲートを再配置できず、ノード 1 ではなくホームノードとしてノード 2 になっている可能性があります。

  • ステージ 3 で、アグリゲートが node2 から node1 に再配置されたとき。

    再配置する一部のアグリゲートのホームノードが node1 に含まれている。たとえば、このようなアグリゲートのことを aggr_node_A_1 と呼びます。ステージ 3 で aggr_node_A_1 の再配置が失敗し、強制的に再配置を実行できない場合は、アグリゲートは node2 で残ります。

  • ステージ 4 のあとで、 node2 を AFF A900 コントローラモジュールおよび NVRAM モジュールに交換します。

    node2 を交換すると、 aggr_node_A_1 は、 node2 ではなくノード 1 とホームノードとしてオンラインになります。

ストレージフェイルオーバーを有効にしたあと、ステージ 6 に続けて所有権に関する誤った問題を修正するには、次の手順を実行します。

手順
  1. アグリゲートのリストを取得します。

    storage aggregate show -nodes 2 -is-home true

    正しく再配置されていないアグリゲートを特定するには、セクションで取得した node1 のホーム所有者を含むアグリゲートのリストを参照してください "ノードをアップグレードする準備をします" コマンドの出力と比較してください。

  2. 手順 1 の出力と、セクションで確認した node1 用の出力を比較します "ノードをアップグレードする準備をします" 再配置されていないアグリゲートがあることを確認します。

  3. node2 の残りのアグリゲートを再配置します。

    「 storage aggregate relocation start -node node2 -aggr aggr_node_A_1 -destination node1

    この再配置の実行時は、 -nd-controller-upgrade パラメータを使用しないでください。

  4. node1 がアグリゲートのホーム所有者になったことを確認します。

    「 storage aggregate show -aggregate <aggr1 、 aggr2 、 aggr3…​> -fields home-name 」のように指定します

    「 <aggr1 、 aggr2 、 aggr3_> 」は、 node1 が元のホーム所有者であるアグリゲートのリストです。

    ホーム所有者としてノード 1 を持たないアグリゲートは、手順 3 で同じ再配置コマンドを使用してノード 1 に再配置できます。