日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

障害が発生したアグリゲートを再配置するか

いずれかのアグリゲートに再配置が失敗した場合、または拒否されている場合は、アグリゲートを手動で再配置するか、必要に応じて拒否またはデスティネーションのチェックを無視する必要があります。

エラーが原因で再配置処理が一時停止します。

手順
  1. イベント管理システム( EMS )のログで、アグリゲートの再配置に失敗した理由や拒否された理由を確認します。

  2. 障害が発生したアグリゲートまたは拒否されたアグリゲートを

    「 storage aggregate relocation start -node <node1> -destination <node2> aggregate-list <aggr_name> -nd-controller-upgrade true 」の形式で指定します

  3. プロンプトが表示されたら、「 y 」と入力します。

  4. 再配置は、次のいずれかの方法で強制的に実行できます。

オプション 説明

拒否チェックの無視

次のコマンドを使用します。「 storage aggregate relocation start -node node1 -destination node2 -aggregate-list <aggr_list> -nd-controller-upgrade true -override-vetoes true 」

デスティネーションチェックの無効化

次のコマンドを使用します。「 storage aggregate relocation start -node node1 -destination node2 -aggregate-list <aggr_list> -nd-controller-upgrade true -override-vetoes true -override-destination-checks true 」