日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オンボードキーマネージャを使用して認証を管理

オンボードキーマネージャを使用して認証キーを管理できます。オンボードキーマネージャ( OKM )を使用する場合は、アップグレードを開始する前にパスフレーズとバックアップ資料を記録しておく必要があります。

手順
  1. クラスタ内のすべてのノードがキー管理サーバを使用できることを確認します。

    「 securitykey -manager key show 」を参照してください

  2. すべての自己暗号化ディスクのキーを新しい認証キーに変更します。

    'storage encryption disk modify -disk * [-data-key-id nonMSID AK

  3. 連邦情報処理標準( FIPS )を使用する場合は、すべての自己暗号化ディスクのキーを新しい認証キーに変更してください。

    「 storage encryption disk * modify -disk * [-fips-key-id nonAK 」」