日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

node2 によって所有されている NAS データ LIF を node3 に移動する

アグリゲートを node2 から node3 に再配置したら、 node2 によって所有されている NAS データ LIF を node3 に移動する必要があります。

アップグレード手順の実行中、リモート LIF は SAN LUN へのトラフィックを処理します。アップグレード時にクラスタやサービスの健全性を維持するために、 SAN LIF を移動する必要はありません。SAN LIF は、新しいポートにマッピングする必要がないかぎり移動されません。ノード 3 からノード 4 に LIF を移動し、ノード 4 がオンラインになったあとで、 LIF が正常に機能しており、適切なポートに配置されていることを確認する必要があります。

手順
  1. [[step1] ノードごとに次のコマンドを入力し、出力をキャプチャして、 node2 が所有するすべての NAS データ LIF を一覧表示します。

    network interface show -data-protocol nfs|cifs -home-node node2`

    次の例は、 node2 のコマンドの出力を示しています。

    cluster::> network interface show -data-protocol nfs|cifs -home-node node2
                  Logical     Status      Network             Current  Current  Is
     Vserver      Interface   Admin/Oper  Address/Mask        Node     Port     Home
     -----------  ----------  ----------  ------------------  -------  -------  ----
     vs0
                  a0a         up/down     10.63.0.53/24       node2    a0a      true
                  data1       up/up       10.63.0.50/18       node2    e0c      true
                  rads1       up/up       10.63.0.51/18       node2    e1a      true
                  rads2       up/down     10.63.0.52/24       node2    e1b      true
     vs1
                  lif1        up/up       172.17.176.120/24   node2    e0c      true
                  lif2        up/up       172.17.176.121/24   node2    e1a      true
  2. 次のいずれかの操作を実行します。

    ノード 2 の条件 作業

    インターフェイスグループまたは VLAN が設定されている

    に進みます 手順 3

    インターフェイスグループまたは VLAN が設定されていない

    手順 3 を省略して、に進みます 手順 4

  3. [man_move_lif_2_3_step3] 次の手順を実行して、 node2 のインターフェイスグループおよび VLAN でホストされている NAS データ LIF を移行します。

    1. ノード 2 のインターフェイスグループでホストされているすべてのデータ LIF を、同じネットワーク上の LIF をホストできるノード 3 のポートに移行するには、各 LIF に対して 1 回、次のコマンドを入力します。

      network interface migrate -vserver Vserver_name -lif LIF_name -destination-node node3 – destination-port netport | ifgrp`

    2. LIF のホームポートとホームノードを変更します 手順 a 各ノードについて次のコマンドを 1 回入力して、 LIF を現在ホストしているポートとノードに接続します。

      network interface modify -vserver Vserver_name -lif LIF_name -home-node node3-homeport netport | ifgrp`

    3. [man_move_lif_2_3_substpc ]] node2 上の VLAN でホストされている LIF を、 node2 上のポートにノード 3 上のポートに移行します。その際、各 LIF に対して 1 回、次のコマンドを入力して、 VLAN と同じネットワーク上の LIF をホストできます。

      network interface migrate -vserver Vserver_name -lif LIF_name -destination-node node3 – destination-port netport | ifgrp`

    4. LIF のホームポートとホームノードを変更します サブステップ c LIF をホストしているポートとノードに対して次のコマンドを 1 回入力します。

      network interface modify -vserver Vserver_name -lif LIF_name -home-node node3-homeport netport | ifgrp`

  4. [man_move_lif_2_3_step4] 次のいずれかの操作を実行します

    クラスタの設定対象 作業

    NAS

    - 完了しました 手順 5 から 手順 8

    SAN

    手順 5 から 8 をスキップし、完了します 手順 9

    NAS と SAN の両方

    - 完了しました 手順 5 から 手順 9

  5. [[man_move_lif_2_3_step5] プラットフォームで同じでないデータポートがある場合は、ブロードキャストドメインにポートを追加します。

    「 network port broadcast-domain add-ports -ipspace IPspace_name -broadcast-domain mgmt -ports node : port 」のように指定します

    次の例は、ノード「 6280 」のポート「 e0a 」とノード「 8060-1 」のポート「 e0i 」を IPspace 「 Default 」のブロードキャストドメイン「 mgmt 」に追加します。

    cluster::> network port broadcast-domain add-ports -ipspace Default
               -broadcast-domain mgmt -ports 6280-1:e0a, 8060-1:e0i
  6. [[step6] それぞれの LIF に対して次のコマンドを 1 回入力して、各 NAS データ LIF を node3 に移行します。

    network interface migrate -vserver Vserver_name -lif LIF_name -destination-node node3 -destination-port netport | ifgrp`

  7. [[step7] 両方のノードで次のコマンドを入力し、 NAS LIF が正しいポートに移動されていること、および LIF のステータスが up になっていることを確認します。

    network interface show -curr-node <node3 > -data-protocol cifs | nfs ’

  8. [[man_move_lif_2_3_step8] いずれかの LIF が停止している場合は、各 LIF に対して 1 回次のコマンドを入力して、 LIF の管理ステータスを「 up 」に設定します。

    「 network interface modify -vserver <Vserver_name> -lif <LIF_NAME> -status-admin up 」という形式になります

  9. [man_move_lif_2_3_step9] インターフェイスグループまたは VLAN が設定されている場合は、次の手順を実行します。

    1. インターフェイスグループから VLAN を削除します。

      「 network port vlan delete -node node_name -port ifgrp -vlan-id vlan_ID` 」の形式で指定します

    2. 次のコマンドを入力し、その出力を調べて、ノードにインターフェイスグループが設定されているかどうかを確認します。

      「 network port ifgrp show -node <node_name > -ifgrp <ifgrp_name> -instance 」の形式で指定します

      次の例に示すように、ノードのインターフェイスグループ情報が表示されます。

    cluster::> network port ifgrp show -node node2 -ifgrp a0a -instance
                     Node: node2
     Interface Group Name: a0a
    Distribution Function: ip
            Create Policy: multimode_lacp
              MAC Address: MAC_address
        ort Participation: partial
            Network Ports: e2c, e2d
                 Up Ports: e2c
               Down Ports: e2d
    1. ノードにインターフェイスグループが設定されている場合は、インターフェイスグループの名前とグループに割り当てられているポートを記録し、各ポートについて次のコマンドを 1 回入力してポートを削除します。

      「 network port ifgrp remove-port -node node_name -ifgrp ifgrp_name -port port_name - port port_name 」のように設定します