日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワークシート:コントローラのアップグレード前後に収集する情報

元のノードをアップグレードするには、特定の情報を収集する必要があります。ノード ID 、ポートと LIF の詳細、ライセンスキー、 IP アドレスが含まれます。

次のワークシートを使用して、あとで手順で使用するための情報を記録できます。

必要な情報 収集されるタイミング 使用時 収集された情報

元のノードのモデル、システム ID 、シリアル番号

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードを準備します

ステージ 3 : _ インストールとブート node3 _ ステージ 5 : _ インストールとブート node4 _ ステージ 6 : _ 古いシステムの運用を停止します

シェルフとディスクの情報、フラッシュストレージの詳細、メモリ、 NVRAM 、アダプタカードが元のノードにあります

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードの準備

手順全体

元のノード上のアグリゲートとボリュームをオンラインにします

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードを準備します

手順では、短時間の再配置を除き、アグリゲートとボリュームがオンラインのままであることを確認できます

コマンド「 network port vlan show 」および「 network port ifgrp show 」の出力

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードを準備します

ステージ 3 : _ ノード 1 のポートを node3 ステージ 5 : _node2 のポートを node4 に再割り当てする

( SAN 環境のみ) FC ポートのデフォルト設定

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードを準備します

新しいノードで FC ポートを設定する

( V シリーズシステムまたは FlexArray 仮想化ソフトウェアのみを使用するシステム) V シリーズシステムまたは FlexArray 仮想化ソフトウェアを使用するシステムのトポロジ

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードを準備します

ステージ 3 : _ インストールとブート node3 _ ステージ 5 : _ インストールとブート node4 _

SP の IP アドレス

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードを準備します

ステージ 6 : _ 新しいコントローラが正しくセットアップされていることを確認します _

ライセンスキー

ステージ 1 : _ アップグレードのためのノードを準備します

ステージ 6 : _ 新しいコントローラが正しくセットアップされていることを確認します _

外部キー管理サーバの IP アドレス

ステージ 1 : _ ストレージ暗号化のディスクのキーを変更 _

ステージ 6 :新しいノードでのストレージ暗号化のセットアップ _

Web にアクセスできるディレクトリの名前とパス。ノードをネットブートするためにファイルをダウンロードします

ステージ 1 : _ netboot_ への準備

ステージ 3 : _ インストールとブート node3 _ ステージ 5 : _ インストールとブート node4 _

SAN 以外のデータ LIF は node1 で所有されています

ステージ 2 : _ ノード 1 が所有する Nonsan データ LIF を node2 に移動します

の後半で説明します

クラスタポート、クラスタ間ポート、ノード管理ポート、クラスタ管理ポート、物理ポート

ステージ 2 : _ ノード 1 の情報を記録 _

ステージ 3 : _ インストールとブート node3 _ ステージ 3 : _ ポートを node1 から node3 _ にマッピングします

新しいノードのポートを指定します

ステージ 3 : _ ポートを node1 から node3 にマッピングします

の後半のセクションと section_Map ポート( node2 から node4 への)

ノード 3 の使用可能なポートとブロードキャストドメイン

ステージ 3 : _ ポートを node1 から node3 にマッピングします

の後半で説明します

SAN 以外のデータ LIF は node2 で所有されていません

_ ノード 1 に属する SAN 以外のデータ LIF をノード 2 からノード 3 に移動し、 node3 の SAN LIF を確認します

の後半で説明します

ノード 2 が所有する SAN 以外のデータ LIF です

ステージ 3 : _node2 によって所有されている Nonsan データ LIF を node3 に移動します

の後半で説明します

クラスタポート、クラスタ間ポート、ノード管理ポート、クラスタ管理ポート、物理ポート

ステージ 4 : _ ノード 2 の情報を記録 _

ステージ 5 : _ node4 ステージ 5 : _ ノード 2 から node4 にポートをマッピングしてブートする

ノード 4 のクラスタネットワークポート

ステージ 5 : _node2 のポートを node4 にマップする

の後半で説明します

ノード 4 の使用可能なポートとブロードキャストドメイン

ステージ 5 : _node2 のポートを node4 にマップする

の後半で説明します

ストレージシステムのプライベート SSL 証明書とパブリック SSL 証明書、および各キー管理サーバのプライベート SSL 証明書

ステージ 6 :新しいノードでのストレージ暗号化のセットアップ _

の後半で説明します