日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アップグレードを完了します

寄稿者 netapp-pcarriga netapp-martyh

ボリュームを移動することでアップグレードの手順を完了するには、サービスプロセッサ( SP )を設定し、新しいライセンスをインストールし、 AutoSupport をセットアップする必要があります。また、ストレージまたはボリュームの暗号化を設定し、 FC ポートまたは NCA ポートを設定する必要がある場合もあります。

  1. 必要に応じて、新しいノードで SP を設定します。

    「 system service-processor network modify 」を参照してください

  2. 必要に応じて、新しいノードに新しいライセンスをインストールします。

    「システムライセンスが追加されました」

  3. 新しいノードで AutoSupport をセットアップします。

    「システム・ノード AutoSupport modify 」

  4. 新しい各ノードから、アップグレード後の AutoSupport メッセージをテクニカルサポートに送信します。

    「 system node AutoSupport invoke -node node_name -type all -message 」 node_name が platform_old から platform_new にアップグレードされました

  5. の該当する手順を使用して、ストレージまたはボリュームの暗号化機能をリストアしますhttps://docs.netapp.com/us-en/ontap/encryption-at-rest/index.html["CLI を使用して暗号化を管理します"^] 内容

    オンボードキー管理と外部キー管理のどちらを使用しているかに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

    • 「オンボード・キー管理の暗号化キーをリストアする」

    • 「外部キー管理の暗号化キーを復元する」

  6. 新しいノードに FC ポート(オンボードまたは FC アダプタ上)、オンボード CNA ポート、または CNA カードがある場合は、 FC ポートまたは CNA ポートを設定し、ストレージシステムプロンプトから次のコマンドを入力します。

    「 system node hardware unified-connect modify -node node-name -adapter adapter-name -mode { fc | cna } -type { target | initiator } 」です

    CNA の設定は、 CNA アダプタがオフラインの場合にのみ変更できます。

  7. 必要に応じて、新しいノードにスイッチレスクラスタをセットアップします。

  8. 必要に応じて、ネットアップサポートサイト経由で元のシステムを運用停止にし、システムの運用を停止したこととサポートデータベースから削除できることをネットアップに通知します。

    1. にログインします "ネットアップサポート" サイト

    2. [ インストール済みシステム ] のリンクをクリックします。

    3. [ インストール済みシステム ] ページで、フォームに古いシステムのシリアル番号を入力し、 [* Go!] をクリックします

    4. Decommission Form ページでフォームに入力し、 *Submit をクリックします。