日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲートを作成してボリュームを新しいノードに移動

元のノードから移動するボリュームを格納するために、新しい各ノードに少なくとも 1 つのアグリゲートを作成します。ボリュームごとにアグリゲートを指定し、各ボリュームを個別に移動する必要があります。

ボリュームを移動するには、データ保護ミラー関係を初期化しておく必要があります。

手順
  1. 新しいノードごとに少なくとも 1 つのアグリゲートを作成します。

    「 storage aggregate create -aggregate aggr_name -node new_node_name -diskcount integer 」という形式で指定します

  2. 新しいアグリゲートを、ボリュームを移動する元のノードのアグリゲートと同じ SVM に追加します。

    「 vserver add-aggregates 」

    新しいアグリゲートとボリュームの移動元となる古いアグリゲートの両方が同じ SVM に存在する必要があります。

  3. 新しいアグリゲートが元のノードのアグリゲートと同じ SVM に割り当てられていることを確認します。

    vserver show -vserversvm_name'

  4. 元のノードから新しいノードに移動するボリュームの情報を表示します。

    volume show -vserver svm_name -node original_node_name

    あとで参照できるように、コマンドの出力は残しておく必要があります。

    次の例は、「 vs1 」 SVM と「 node0 」ノードのボリュームを表示します。

    cluster::> volume show -vserver vs1 -node node0
    Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
    --------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
    vs1       clone        aggr1        online     RW         40MB    37.87MB    5%
    vs1       vol1         aggr1        online     RW         40MB    37.87MB    5%
    vs1       vs1root      aggr1        online     RW         20MB    18.88MB    5%
    3 entries were displayed.
  5. 指定したボリュームを移動可能なアグリゲートを特定します。

    volume move target-aggr show -vserver SVM_name -volume vol_name `

    次の例は、「 vs2 」 SVM の「 user_max 」ボリュームを、表示されているどのアグリゲートにも移動できることを示しています。

    cluster::> volume move target-aggr show -vserver vs2 -volume user_max
    Aggregate Name   Available Size  Storage Type
    --------------   --------------  ------------
    aggr2            467.9GB         FCAL
    node12a_aggr3    10.34GB         FCAL
    node12a_aggr2    10.36GB         FCAL
    node12a_aggr1    10.36GB         FCAL
    node12a_aggr4    10.36GB         FCAL
    5 entries were displayed
  6. 移動する各ボリュームで検証チェックを実行し、指定したアグリゲートに移動できることを確認します。

    volume move start -vserver svm_name -volume volume_name -destination -aggregate destination_aggregate-name -perform-validation-only true ’

  7. ボリュームを一度に 1 つずつ移動します( advanced 権限レベル)。

    volume move start -vserver svm_name -volume vol_name -destination-aggregate destination_aggr_name -cutover-window integer

    ノードのルートボリューム( vol0 )は移動できません。SVM ルートボリュームを含むその他のボリュームも移動できます。

  8. 「 volume move 」操作の結果を表示して、ボリュームが正常に移動されたことを確認します。

    volume move show -vserver svm_name -volume vol_name

  9. 複数回試行しても 'volume move' 操作が最終フェーズを完了しない場合は ' 強制的に移動を終了します

    volume move trigger-cutover -vserver SVM_name -volume vol_name -force true ’

    ボリュームの移動処理を強制的に終了させると、移動しているボリュームへのクライアントアクセスが中断される可能性があります。

  10. ボリュームが指定した SVM に正常に移動され、正しいアグリゲートに配置されていることを確認します。

    volume show -vserver svm_name です