日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

元のノードをシャットダウンします

元のノードをシャットダウンして削除するときは、アップグレードについての AutoSupport メッセージを送信し、メールボックスを削除し、ノードの電源をオフにして、シャーシを取り外す必要があります。

手順
  1. node1 と node2 から AutoSupport メッセージを送信し、テクニカルサポートにアップグレードについて通知します。

    「 system node AutoSupport invoke -node node_name -type all -message 」 MAINT=2h platform_original から platform_new への node_name のアップグレード

  2. ノード 1 とノード 2 でハイアベイラビリティまたはストレージフェイルオーバーを無効にします。

    使用する方法 入力するコマンド

    2 ノードクラスタ

    1. cluster ha modify -configured false

    2. 「 storage failover modify -node node_name -enabled false 」という名前になります

    3 ノード以上のクラスタ

    「 storage failover modify -node node_name -enabled false 」という名前になります

  3. ノードを停止します。

    「 system node halt -node node_name 」

    リブート・プロセス中に定足数チェックを抑制するには '-ignore-quorum -warnings オプションを使用します

  4. シリアルコンソールに接続していない場合は、接続します。ノードに LOADER プロンプトが表示されている必要があります。「 boot_ontap maint 」コマンドを使用して、メンテナンスモードに切り替えてブートします。

    パートナーノードが停止しているか、パートナーノードでテイクオーバーが手動で無効になっていることの確認を求めるメッセージが表示されることがあります。続行するには 'yes' を入力します

  5. [[shutdown_node_A_1 step5] - メンテナンスモードでディスク所有権情報を通じて取得された、各元のノードのシステム ID を記録します。

    「ディスクショー V 」

    システム ID は、元のノードのディスクを新しいノードに割り当てるときに必要となります。

    *> disk show -v
    Local System ID: 118049495
    DISK    OWNER               POOL    SERIAL NUMBER          HOME
    ----    -----               ----    -------------          ----
    0a.33   node1 (118049495)   Pool0   3KS6BN970000973655KL   node1 (118049495)
    0a.32   node1 (118049495)   Pool0   3KS6BCKD000097363ZHK   node1 (118049495)
    0a.36   node1 (118049495)   Pool0   3KS6BL9H000097364W74   node1 (118049495)
    ...
  6. FC または CNA ポートを設定している場合は、設定をメンテナンスモードで表示します。

    ucadmin show

    あとで参照できるように、コマンドの出力を記録しておく必要があります。

    *> ucadmin show
    Current Current Pending   Pending
    Adapter Mode    Type      Mode    Type    Status
    ------- ------- --------- ------- ------- ------
    0e      fc      initiator -       -       online
    0f      fc      initiator -       -       online
    0g      cna     target    -       -       online
    0h      cna     target    -       -       online
    ...
  7. メンテナンスモードで、 node1 と node2 のメールボックスを削除します。

    「マイボックス破壊ローカル」

    次のようなメッセージがコンソールに表示されます。

    Destroying mailboxes forces a node to create new empty mailboxes, which
    clears any takeover state, removes all knowledge of out-of-date plexes and
    mirrored volumes, and will prevent management services from going online in
    2-node cluster HA configurations.
    Are you sure you want to destroy the local mailboxes?
  8. 次のようなプロンプトが表示されたら 'y' と入力してメールボックスを削除します

    .............Mailboxes destroyed
    Takeover On Reboot option will be set to ON after the node boots.
    This option is ON by default except on setups that have iSCSI or FCP license.
    Use "storage failover modify -node <nodename> -onreboot false" to turn it OFF.
    
    *>
  9. メンテナンスモードを終了します。

    「 halt 」

  10. ノード 1 とノード 2 の電源をオフにし、電源からケーブルを抜きます。

  11. ノード 1 とノード 2 からすべてのケーブルにラベルを付けて取り外します。

  12. ノード 1 とノード 2 を含むシャーシを取り外します。