日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN LIF の移動に関する考慮事項

クラスタにノードを追加したりクラスタからノードを削除するなど、クラスタの構成を変更する場合は、 SAN LIF を移動するだけで済みます。LIF を移動した場合、 FC ファブリックを再ゾーニングしたり、クラスタに接続されたホストとその新しいターゲットインターフェイスとの間に新しい iSCSI セッションを作成したりする必要はありません。

SAN LIF を移動するには、「 network interface modify 」コマンドを使用します。SAN LIF を移動するには、 LIF をオフラインにし、別のホームノードやポートに移動してから、移動先の新しい場所で LIF をオンラインに戻す必要があります。Asymmetric Logical Unit Access ( ALUA ;非対称論理ユニットアクセス)は、任意の ONTAP 解決策の一部として冗長パスと自動選択を提供します。このため、移動時に LIF がオフラインになっても、 I/O の中断は生じません。ホストは再試行してから、 I/O を別の LIF に移動するだけです。

LIF の移動中は、システムを停止することなく次のタスクを実行できます。

  • クラスタの 1 つの HA ペアを、 LUN データにアクセスするホストにはまったく支障のない形で、アップグレードした HA ペアに置き換えます

  • ターゲットインターフェイスカードをアップグレードします

  • Storage Virtual Machine ( SVM )のリソースをクラスタ内のノードセットから同じクラスタ内の別のノードセットに移行する

  • ホストサーバがオンラインのときに、ホストサーバによる LUN データへのアクセスを中断することなく、 SAN LUN を新しい HA ペアに移動できます

詳細については、を参照してください "SAN LIF の移動" SAN ストレージ管理に関するドキュメントの手順