Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラをシャットダウンします(AFF A150)

共同作成者

構成に応じた適切な手順 を使用して、障害のあるコントローラをシャットダウンまたはテイクオーバーします。

オプション 1 :ほとんどの構成

この手順 は、2ノード、非MetroCluster構成専用です。システムのノードが3つ以上の場合は、を参照してください "4ノードクラスタで1つのHAペアを正常にシャットダウンして電源をオンにする方法"

作業を開始する前に

必要なもの:

  • ONTAP のローカル管理者のクレデンシャル。

  • ストレージ暗号化またはNVE / NAEを使用する場合は、NetAppのオンボードキー管理(OKM)クラスタ全体のパスフレーズ。

  • 各コントローラのBMCへのアクセス性。

  • すべてのクライアント/ホストからネットアップシステム上のデータへのアクセスを停止します。

  • 外部バックアップジョブを一時停止します。

  • 交換に必要な工具と機器。

メモ FabricPool のクラウド階層として使用されるネットアップStorageGRID またはONTAP S3のシステムの場合は、を参照してください "ストレージシステムの『解決ガイド』を正常にシャットダウンし、電源を投入します" この手順 を実行した後。

シャットダウン前のベストプラクティスは次のとおりです。

手順
  1. SSHを使用してクラスタにログインするか、クラスタ内の任意のノードからローカルのコンソールケーブルとラップトップ/コンソールを使用してログインします。

  2. AutoSupportをオフにして、システムがオフラインになるまでの時間を指定します。

    system node autosupport invoke -node * -type all -message "MAINT=8h Power Maintenance"

  3. すべてのノードのSP / BMCアドレスを特定します。

    system service-processor show -node * -fields address

  4. クラスタシェルを終了します。 exit

  5. 前の手順の出力に表示されたいずれかのノードのIPアドレスを使用して、SSH経由でSP / BMCにログインします。

    コンソール/ラップトップを使用している場合は、同じクラスタ管理者のクレデンシャルを使用してコントローラにログインします。

    メモ 進捗状況を監視できるように、すべてのSP / BMC接続とのSSHセッションを開きます。
  6. 障害のあるシャーシにある2つのノードを停止します。

    system node halt -node <node>,<node2> -skip-lif-migration-before-shutdown true -ignore-quorum-warnings true -inhibit-takeover true

    メモ StrictSyncモードで動作するSnapMirror同期を使用するクラスタの場合: system node halt -node <node>,<node2> -skip-lif-migration-before-shutdown true -ignore-quorum-warnings true -inhibit-takeover true -ignore-strict-sync-warnings true
  7. 表示されたら、クラスタ内の各コントローラに「* y *」と入力します。 Warning: Are you sure you want to halt node "cluster <node-name> number"? {y|n}:

  8. 各コントローラが停止するまで待ち、LOADERプロンプトを表示します。

オプション 2 :コントローラが MetroCluster 構成になっている

メモ 2 ノード MetroCluster 構成のシステムでは、この手順を使用しないでください。

障害のあるコントローラをシャットダウンするには、コントローラのステータスを確認し、必要に応じて正常なコントローラが障害のあるコントローラストレージからデータを引き続き提供できるようにコントローラをテイクオーバーする必要があります。

  • ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合、または正常なコントローラで適格性と正常性についてfalseと表示される場合は、障害のあるコントローラをシャットダウンする前に問題 を修正する必要があります。を参照してください "ノードをクラスタと同期します"

  • MetroCluster 構成を使用している場合は、 MetroCluster 構成状態が構成済みで、ノードが有効かつ正常な状態であることを確認しておく必要があります(「 MetroCluster node show 」)。

手順
  1. AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

  2. 正常なコントローラのコンソールから自動ギブバックを無効にします。 storage failover modify – node local-auto-giveback false

  3. 障害のあるコントローラに LOADER プロンプトを表示します。

    障害のあるコントローラの表示 作業

    LOADER プロンプト

    次の手順に進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    正常なコントローラから障害のあるコントローラをテイクオーバーまたは停止します。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

    障害のあるコントローラに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。