日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラをシャットダウンします — AFF A300

シャーシを交換するには、コントローラをシャットダウンする必要があります。

オプション 1 :コントローラをシャットダウンします

シャーシ内のコントローラまたはコントローラを新しいシャーシに移動する前に、シャットダウンする必要があります。

このタスクについて
  • コントローラが 3 台以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合、または正常なコントローラで資格とヘルスについて「 false 」と表示される場合は、障害のあるコントローラをシャットダウンする前に問題 を修正する必要があります。を参照してください "CLI での管理の概要"

  • AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

手順
  1. システムにコントローラモジュールが 2 つある場合は、 HA ペアを無効にします。

    clustered ONTAP を実行しているシステムの構成 作業

    クラスタに 2 台のコントローラがあります

    cluster ha modify -configured false 「 storage failover modify -node node0 -enabled false 」という名前になります

    クラスタ内に 3 台以上のコントローラがあります

    「 storage failover modify -node node0 -enabled false 」という名前のノードが追加されました

  2. 停止を確認するプロンプトが表示されたら 'y を押してコントローラを停止します system node halt -node _node_name _`

    次のような確認メッセージが表示されます。

    Warning: This operation will cause controller "node-name" to be marked as unhealthy. Unhealthy nodes do not participate in quorum voting. If the controller goes out of service and one more controller goes out of service there will be a data serving failure for the entire cluster. This will cause a client disruption. Use "cluster show" to verify cluster state. If possible bring other nodes online to improve the resiliency of this cluster.
    
    Do you want to continue? {y|n}:
    注記 シャーシを交換する前にシステムのクリーンシャットダウンを実行し、不揮発性メモリ( NVMEM / NVRAM )内の書き込み前のデータが失われないようにする必要があります。システムによっては、 NVMEM / NVRAM の LED の点滅は、ディスクに保存されていないデータが NVMEM / NVRAM にあることを示しています。コントローラをリブートし、この手順 の最初からやり直してください。コントローラのクリーンシャットダウンに繰り返し失敗すると、ディスクに保存されていないデータが失われる可能性があります。
  3. 該当する場合は、 2 台目のコントローラを停止して、 HA ペア構成でクォーラムエラーメッセージが表示されないようにします。「 system node halt -node _second_node_name -ignore-quorum -warnings true -skip-lif-migration-before-shutdown true 」

    プロンプトが表示されたら回答 'y' 。

オプション 2 :コントローラは 2 ノードの MetroCluster 構成です

障害のあるコントローラをシャットダウンするには、コントローラのステータスを確認し、必要に応じて正常なコントローラが障害のあるコントローラストレージからデータを引き続き提供できるようにコントローラをスイッチオーバーする必要があります。

このタスクについて
  • NetApp Storage Encryption を使用している場合は、の「 FIPS ドライブまたは SED を非保護モードに戻す」セクションの手順に従って MSID をリセットしておく必要があります "CLI での NetApp Encryption の概要"

  • 正常なコントローラに電力を供給するために、この手順 の最後で電源装置をオンのままにしておく必要があります。

手順
  1. MetroCluster ステータスをチェックして、障害のあるコントローラが正常なコントローラに自動的にスイッチオーバーしたかどうかを確認します。「 MetroCluster show 」

  2. 自動スイッチオーバーが発生したかどうかに応じて、次の表に従って処理を進めます。

    障害のあるコントローラの状況 作業

    自動的にスイッチオーバーした

    次の手順に進みます。

    自動的にスイッチオーバーしていない

    正常なコントローラから計画的なスイッチオーバー操作を実行します : MetroCluster switchover

    スイッチオーバーは自動的には行われておらず、 MetroCluster switchover コマンドを使用してスイッチオーバーを試みたが、スイッチオーバーは拒否された

    拒否メッセージを確認し、可能であれば問題を解決してやり直します。問題を解決できない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

  3. サバイバークラスタから MetroCluster heal-phase aggregates コマンドを実行して、データアグリゲートを再同期します。

    controller_A_1::> metrocluster heal -phase aggregates
    [Job 130] Job succeeded: Heal Aggregates is successful.

    修復が拒否された場合は '-override-vetoes パラメータを指定して MetroCluster heal コマンドを再実行できますこのオプションパラメータを使用すると、修復処理を妨げるソフトな拒否はすべて無視されます。

  4. MetroCluster operation show コマンドを使用して、処理が完了したことを確認します。

    controller_A_1::> metrocluster operation show
        Operation: heal-aggregates
          State: successful
    Start Time: 7/25/2016 18:45:55
       End Time: 7/25/2016 18:45:56
         Errors: -
  5. 「 storage aggregate show 」コマンドを使用して、アグリゲートの状態を確認します。

    controller_A_1::> storage aggregate show
    Aggregate     Size Available Used% State   #Vols  Nodes            RAID Status
    --------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------------- ------------
    ...
    aggr_b2    227.1GB   227.1GB    0% online       0 mcc1-a2          raid_dp, mirrored, normal...
  6. 「 MetroCluster heal-phase root-aggregates 」コマンドを使用して、ルートアグリゲートを修復します。

    mcc1A::> metrocluster heal -phase root-aggregates
    [Job 137] Job succeeded: Heal Root Aggregates is successful

    修復が拒否された場合は '-override-vetoes パラメータを指定して MetroCluster heal' コマンドを再実行できますこのオプションパラメータを使用すると、修復処理を妨げるソフトな拒否はすべて無視されます。

  7. デスティネーションクラスタで「 MetroCluster operation show 」コマンドを使用して、修復処理が完了したことを確認します。

    mcc1A::> metrocluster operation show
      Operation: heal-root-aggregates
          State: successful
     Start Time: 7/29/2016 20:54:41
       End Time: 7/29/2016 20:54:42
         Errors: -
  8. 障害のあるコントローラモジュールで、電源装置の接続を解除します。