日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ブートメディアの交換 - AFF A700s

寄稿者 netapp-martyh thrisun

プライマリブートメディアには、システムがブート時に使用する ONTAP ブートイメージが格納されています。セカンダリブートメディア上の ONTAP イメージを使用するか、または必要に応じて USB フラッシュドライブを使用して、プライマリブートメディアイメージをリストアできます。

セカンダリブートメディアに障害が発生した場合、または image.tgz ファイルがない場合は、 USB フラッシュドライブを使用してプライマリブートメディアをリストアする必要があります。ドライブは FAT32 にフォーマットされており、 image.tgz ファイルを格納できる容量のストレージが必要です。

  • 交換プロセスでは、 var ファイルシステムをセカンダリブートメディアまたは USB フラッシュドライブからプライマリブートメディアにリストアします。

  • 障害が発生したコンポーネントは、プロバイダから受け取った交換用 FRU コンポーネントと交換する必要があります。

  • 以下の手順のコマンドを正しいノードに適用することが重要です。

    • impaired_node は、保守を実行しているノードです。

    • healthy_node は、障害ノードの HA パートナーです。