日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DIMM-AFF A700s を交換します

寄稿者 netapp-martyh dougthomp thrisun

システムで登録される修正可能なエラー修正コード( ECC )の数が増え続けている場合は、コントローラモジュールの DIMM を交換する必要があります。そのままにしているとシステムがパニック状態になります。

システムのその他のコンポーネントがすべて正常に動作している必要があります。問題がある場合は、必ずテクニカルサポートにお問い合わせください。

障害が発生したコンポーネントは、プロバイダから受け取った交換用 FRU コンポーネントと交換する必要があります。

障害ノードをシャットダウンします

障害ノードをシャットダウンするには、ノードのステータスを確認し、必要に応じて正常なノードが障害ノードのストレージからデータを引き続き提供できるようにノードをテイクオーバーする必要があります。

ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合や、正常なノードの資格と健全性に false と表示される場合は、障害ノードをシャットダウンする前に問題を修正する必要があります。

手順
  1. 障害ノードが HA ペアの一部である場合は、正常なノードのコンソールから自動ギブバックを無効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback false

  2. 障害ノードに LOADER プロンプトを表示します。

    障害ノードの表示 作業

    LOADER プロンプト

    次の手順に進みます。

    ギブバックを待機しています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し、「 y 」と入力します。

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    障害ノードをテイクオーバーまたは停止します。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

    障害ノードに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。

コントローラモジュールを取り外します

コントローラモジュールを交換する場合やコントローラモジュール内部のコンポーネントを交換する場合は、コントローラモジュールをシャーシから取り外す必要があります。

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. ケーブルマネジメントデバイスに接続しているケーブルをまとめているフックとループストラップを緩め、システムケーブルと SFP をコントローラモジュールから外し(必要な場合)、どのケーブルが何に接続されていたかを記録します。

    ケーブルはケーブルマネジメントデバイスに収めたままにします。これにより、ケーブルマネジメントデバイスを取り付け直すときに、ケーブルを整理する必要がありません。

  3. コントローラモジュールの電源装置のコードをソースから抜き、電源装置から外します。

  4. ケーブルマネジメントデバイスをコントローラモジュールから取り外し、脇に置きます。

  5. 両方のロックラッチを押し下げ、両方のラッチを同時に下方向に回転させます。

    コントローラモジュールがシャーシから少し引き出されます。

    DRW a700s PCM の削除

    固定ラッチ

    ロッキングピン

  6. コントローラモジュールをシャーシから引き出します。

    このとき、空いている手でコントローラモジュールの底面を支えてください。

  7. コントローラモジュールを安定した平らな場所に置き、エアダクトを開きます。

    1. エアダクトの側面にある固定ツメをコントローラモジュールの中央方向に押します。

    2. エアダクトをファンモジュールの方向にスライドさせ、完全に開いた状態になるまで上方向に回転させます。

      DRW a700s オープンエアダクト

    エアダクトの固定ツメ

    ライザー

    エアダクト

DIMM を交換します

DIMM を交換するには、コントローラモジュール内部の DIMM マップまたは DIMM の横の LED で DIMM の場所を確認してから、特定の手順に従って交換します。

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. 該当するライザーを取り外します。

    DRW a700s DIMM の交換

    エアダクトカバー

    ライザー 1 と DIMM バンク 1~4

    ライザー 2 と DIMM バンク 5~8 および 9~12

    ライザー 3 と DIMM13~16 です

    • バンク 1~4 の DIMM を取り外しまたは移動する場合は、 NVRAM バッテリを取り外し、ライザー 1 の固定ラッチを解除してから、ライザーを取り外します。

    • バンク 5~8 または 9~12 の DIMM を取り外しまたは移動する場合は、ライザー 2 の固定ラッチを解除してから、ライザーを取り外します。

    • バンク 13~16 の DIMM を取り外しまたは移動する場合は、ライザー 3 の固定ラッチを解除してから、ライザーを取り外します。

  3. 交換用 DIMM を正しい向きで挿入できるように、ソケット内の DIMM の向きをメモします。

  4. DIMM の両側にある 2 つのツメをゆっくり押し開いて DIMM をスロットから外し、そのままスライドさせてスロットから取り出します。

    注記 DIMM 回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、 DIMM の両端を慎重に持ちます。
  5. 交換用 DIMM を静電気防止用の梱包バッグから取り出し、 DIMM の端を持ってスロットに合わせます。

    DIMM のピンの間にある切り欠きを、ソケットの突起と揃える必要があります。

  6. コネクタにある DIMM のツメが開いた状態になっていることを確認し、 DIMM をスロットに対して垂直に挿入します。

    DIMM のスロットへの挿入にはある程度の力が必要です。簡単に挿入できない場合は、 DIMM をスロットに正しく合わせてから再度挿入してください。

    注記 DIMM がスロットにまっすぐ差し込まれていることを目で確認してください。
  7. DIMM の両端のノッチにツメがかかるまで、 DIMM の上部を慎重にしっかり押し込みます。

  8. コントローラモジュールから取り外したライザーを再度取り付けます。

    NVRAM ライザー「ライザー 1 」を取り外した場合は、 NVRAM バッテリをコントローラモジュールに接続してください。

  9. エアダクトを閉じます。

コントローラモジュールを再度取り付け、システムをブートします

コントローラモジュールの FRU を交換したら、コントローラモジュールを再度取り付けてリブートする必要があります。

2 台のコントローラモジュールを同じシャーシに搭載する HA ペアでは、シャーシへの設置が完了すると同時にリブートが試行されるため、コントローラモジュールの取り付け順序が特に重要です。

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. コントローラモジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラモジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。

    注記 指示があるまでコントローラモジュールをシャーシに完全に挿入しないでください。
  3. 必要に応じてシステムにケーブルを再接続します。

    光ファイバケーブルを使用する場合は、メディアコンバータ( QSFP または SFP )を取り付け直してください(取り外した場合)。

  4. 電源装置に電源コードを接続し、電源ケーブルロックカラーを再度取り付けてから、電源装置を電源に接続します。

  5. コントローラモジュールの再取り付けを完了します。

    1. ケーブルマネジメントデバイスをまだ取り付けていない場合は、取り付け直します。

    2. コントローラモジュールをシャーシに挿入し、ミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着します。

      コントローラモジュールが完全に装着されると、ロックラッチが上がります。

      注記 コネクタの破損を防ぐため、コントローラモジュールをスライドしてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。

    コントローラモジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。ブートプロセスを中断できるように準備しておきます。

    1. ロックラッチを上に回転させてロックピンが外れるように傾け、ロックされるまで下げます。

    2. 「 Press Ctrl-C for Boot Menu 」 ( ブートメニューに Ctrl キーを押して C キーを押してください ) と表示されたら、 Ctrl+C キーを押して起動プロセスを中断します。

    3. 表示されたメニューからメンテナンスモードでブートするオプションを選択します。

診断を実行します

システムのコンポーネントを交換したら、そのコンポーネントに対して診断テストを実行する必要があります。

診断を開始するには、システムに LOADER プロンプトが表示されている必要があります。

診断手順のコマンドは、すべてコンポーネントを交換するノードから実行します。

手順
  1. 作業をするノードに LOADER プロンプトが表示されていない場合は、ノードをリブートします。「 system node halt -node node_name 」

    コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

  2. LOADER プロンプトで、システムレベルの診断用に特別に設計されたドライバ「 boot_diags 」にアクセスします

  3. 表示されたメニューから「 * Scan System * (システムのスキャン)」を選択して、診断テストの実行を有効にします。

  4. 表示されたメニューから * Test Memory * を選択します。

  5. 前述の手順の結果に応じて、次に進みます。

    • テストに失敗した場合は、エラーを修正してからテストを再実行します。

    • テストでエラーが報告されなかった場合は、メニューから Reboot を選択してシステムをリブートします。

障害のあるパーツをネットアップに返却します

部品を交換したあと、障害のある部品をネットアップに返却することができます。詳細については、キットに付属する RMA 指示書を参照してください。テクニカルサポートにお問い合わせください "ネットアップサポート"RMA 番号を確認する場合や、交換用手順にサポートが必要な場合は、日本国内サポート用電話番号:国内フリーダイヤル 0066-33-123-265 または 0066-33-821-274 (国際フリーフォン 800-800-80-800 も使用可能)までご連絡ください。