日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラモジュールハードウェア AFF A800 を交換してください

コントローラモジュールハードウェアを交換するには、障害のあるコントローラを取り外し、 FRU コンポーネントを交換用コントローラモジュールに移動し、交換用コントローラモジュールをシャーシに取り付けてから、システムをメンテナンスモードでブートする必要があります。

手順 1 :コントローラモジュールを取り外す

コントローラモジュールを交換する場合やコントローラモジュール内部のコンポーネントを交換する場合は、コントローラモジュールをシャーシから取り外す必要があります。

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. コントローラモジュールの電源装置のコードをソースから抜きます。

  3. 電源ケーブル固定クリップを外し、電源装置からケーブルを抜きます。

  4. ケーブルマネジメントデバイスに接続しているケーブルをまとめているフックとループストラップを緩め、システムケーブルと SFP / QSFP モジュールをコントローラモジュールから外し(必要な場合)、どのケーブルが何に接続されていたかを記録します。

    ケーブルはケーブルマネジメントデバイスに収めたままにします。これにより、ケーブルマネジメントデバイスを取り付け直すときに、ケーブルを整理する必要がありません。

  5. ケーブルマネジメントデバイスをコントローラモジュールから取り外し、脇に置きます。

  6. 両方のロックラッチを押し下げ、両方のラッチを同時に下方向に回転させます。

    コントローラモジュールがシャーシから少し引き出されます。

    DRW A800 PCM の取り外し

    固定ラッチ

    ロッキングピン

  7. コントローラモジュールをシャーシから引き出します。

    このとき、空いている手でコントローラモジュールの底面を支えてください。

  8. コントローラモジュールを安定した平らな場所に置き、エアダクトを開きます。

    1. エアダクトの側面にある固定ツメをコントローラモジュールの中央方向に押します。

    2. エアダクトをファンモジュールの方向にスライドさせ、完全に開いた状態になるまで上方向に回転させます。

      DRW A800 オープンエアダクト

    エアダクトの固定ツメ

    エアダクトをファンモジュールの方向にスライドさせます

    エアダクトをファンモジュールの方向に回転させます

手順 2 :電源装置を移動します

コントローラモジュールを交換する場合は、障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールに電源装置を移動する必要があります。

  1. 固定ツメを押しながらカムハンドルを回転させて、コントローラモジュールから電源装置を引き出せるようにします。

    注意 電源装置は奥行きがないので、コントローラモジュールから突然落下して負傷することがないように、取り外すときは必ず両手で支えてください。
    DRW A800 PSU の交換

    電源装置の固定ツメ(青)

    電源装置

  2. 電源装置を新しいコントローラモジュールに移して取り付けます。

  3. 電源装置の端を両手で支えながらコントローラモジュールの開口部に合わせ、固定ツメがカチッと音を立てて所定の位置に収まるまで電源装置をコントローラモジュールにそっと押し込みます。

    電源装置は、内部コネクタに正しく差し込まれ、所定の位置にロックされているだけです。

    注記 内部コネクタの破損を防ぐため、電源装置をシステムに挿入する際に力を入れすぎないようにしてください。

手順 3 :ファンを移動します

障害が発生したコントローラモジュールを交換する場合は、障害のあるコントローラモジュールから交換用モジュールにファンを移動する必要があります。

  1. ファンモジュールの側面にある固定ツメをつまみ、ファンモジュールを持ち上げてコントローラモジュールから取り出します。

    DRW A800 ファンの交換

    ファンの固定ツメ

    ファンモジュール

  2. ファンモジュールを交換用コントローラモジュールに移動し、ファンモジュールの端をコントローラモジュールの開口部に合わせて取り付けます。次に、ロックラッチが所定の位置にカチッと収まるまでファンモジュールをコントローラモジュールにスライドさせます。

  3. 残りのファンモジュールに対して上記の手順を繰り返します。

手順 4 : NVDIMM バッテリを移動します

コントローラモジュールを交換する場合は、障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールに NVRAM バッテリを移動する必要があります

  1. エアダクトカバーを開き、ライザー内で NVDIMM バッテリの場所を確認します。

    DRW A800 NVDIMM バッテリを交換してください

    エアダクトライザー

    NVDIMM バッテリプラグ

    NVDIMM バッテリパック

    • 注意:システムを停止すると、内容がフラッシュメモリにデステージされている間、 NVDIMM バッテリ制御ボードの LED が点滅します。デステージが完了すると LED は消灯します。

  2. バッテリプラグの場所を確認し、バッテリプラグ前面のクリップを押してプラグをソケットから外し、バッテリケーブルをソケットから抜きます。

  3. バッテリを持ち上げてエアダクトとコントローラモジュールから取り出します。

  4. バッテリパックを交換用コントローラモジュールに移し、 NVDIMM エアダクトに取り付けます。

    1. バッテリパックをスロットに挿入し、バッテリパックをしっかりと押し下げて所定の位置に固定します。

    2. バッテリプラグをライザーソケットに接続し、プラグが所定の位置に固定されたことを確認します。

手順 5 : PCIe ライザーを取り外します

コントローラの交換プロセスの一環として、障害のあるコントローラモジュールから PCIe モジュールを取り外す必要があります。NVDIMM と DIMM を交換用コントローラモジュールに移動したら、 PCIe モジュールを交換用コントローラモジュールの同じ場所に取り付ける必要があります。

  1. PCIe ライザーをコントローラモジュールから取り外します。

    1. PCIe カード内の SFP モジュールまたは QSFP モジュールを取り外します。

    2. ライザーの左側にあるライザーロックラッチをファンモジュールの方に引き上げます。

      ライザーがコントローラモジュールからわずかに持ち上がります。

    3. ライザーを持ち上げ、ファンの方に動かしてライザーの金属板の縁がコントローラモジュールの端に接触しないようにします。次に、ライザーを持ち上げてコントローラモジュールから取り外し、安定した平らな場所に置きます。

      DRW A800 ライザー 2 3 を取り外します

    エアダクト

    ライザー 1 (左)、 2 (中央)、 3 (右)のロックラッチ

  2. 障害のあるコントローラモジュールの残りのライザーに対して前述の手順を繰り返します。

  3. 交換用コントローラの空のライザーについても同じ手順を繰り返し、ライザーを取り外します。

手順 6 :システム DIMM を移動します

DIMM を移動するには、障害のあるコントローラの DIMM の場所を確認し、 DIMM を交換用コントローラに移動して、特定の手順を実行します。

  1. DIMM を交換用コントローラモジュールに正しい向きで挿入できるように、ソケット内の DIMM の向きをメモします。

  2. DIMM の両側にある 2 つのツメをゆっくり押し開いて DIMM をスロットから外し、そのままスライドさせてスロットから取り出します。

    注記 DIMM 回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、 DIMM の両端を慎重に持ちます。
  3. DIMM を取り付けるスロットの位置を確認します。

  4. DIMM をスロットに対して垂直に挿入します。

    DIMM のスロットへの挿入にはある程度の力が必要です。簡単に挿入できない場合は、 DIMM をスロットに正しく合わせてから再度挿入してください。

    注記 DIMM がスロットにまっすぐ差し込まれていることを目で確認してください。
  5. DIMM の両端のノッチにツメがかかるまで、 DIMM の上部を慎重にしっかり押し込みます。

  6. 残りの DIMM についても、上記の手順を繰り返します。

手順 7 : NVDIMM を移動します

NVDIMM を移動するには、障害のあるコントローラの NVDIMM の場所を確認し、 NVDIMM を交換用コントローラに移動して、特定の手順を実行します。

  1. コントローラモジュールで NVDIMM の場所を確認します。

    DRW A800 : NVDIMM が移動しません

    エアダクト

    NVDIMM

  2. NVDIMM を交換用コントローラモジュールに正しい向きで挿入できるように、ソケット内の NVDIMM の向きをメモします。

  3. NVDIMM の両側にある 2 つのツメをゆっくり押し開いて NVDIMM をスロットから外し、そのままスライドさせてソケットから取り出し、脇に置きます。

    注記 NVDIMM 回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、 NVDIMM の両端を慎重に持ちます。
  4. NVDIMM を取り付けるスロットの場所を確認します。

  5. NVDIMM をスロットに対して垂直に挿入します。

    NVDIMM のスロットへの挿入にはある程度の力が必要です。簡単に挿入できない場合は、 NVDIMM をスロットに正しく合わせてから再度挿入してください。

    注記 NVDIMM がスロットにまっすぐ差し込まれていることを目で確認してください。
  6. NVDIMM の両端のノッチにツメがかかるまで、 NVDIMM の上部を慎重にしっかり押し込みます。

  7. 上記の手順を繰り返して、もう一方の NVDIMM を移動します。

手順 8 :ブートメディアを移動します

AFF A800 にはブートメディアデバイスが 1 つあります。障害のあるコントローラからコントローラを移動し、 _replacement _controller に取り付ける必要があります。

ブートメディアはライザー 3 の下にあります。

  1. ブートメディアの場所を確認します。

    DRW A800 PCM は、ブートメディアのみを交換します

    エアダクト

    ライザー 3

    No.1 プラスドライバ

    ブートメディアのネジ

    ブートメディア

  2. コントローラモジュールからブートメディアを取り外します。

    1. ブートメディアを固定しているネジを No.1 プラスドライバを使用して外し、ネジを安全な場所に置きます。

    2. ブートメディアの両側を持ってゆっくりと回し、ソケットからまっすぐに引き出して脇に置きます。

  3. 新しいコントローラモジュールにブートメディアを移して取り付けます。

    1. ブートメディアの端をソケットケースに合わせ、ソケットに対して垂直にゆっくりと押し込みます。

    2. ブートメディアをマザーボードの方に回転させます。

    3. ネジでブートメディアをマザーボードに固定します。

      ネジを締め付けすぎないでください。ブートメディアが破損する可能性があります。

手順 9 : PCIe ライザーを取り付けます

DIMM 、 NVDIMM 、およびブートメディアを移動したあとで、 PCIe ライザーを交換用コントローラモジュールに取り付けます。

  1. 交換用コントローラモジュールにライザーを取り付けます。

    1. ライザーの縁をコントローラモジュールの金属板の下側に合わせます。

    2. コントローラモジュールのピンにライザーを合わせ、コントローラモジュールに差し込みます。

    3. ロックラッチを下に動かして、ロックされるまでクリックします。

      ロックされたロックラッチはライザー上部と水平になり、ライザーがコントローラモジュールに垂直に装着されます。

    4. PCIe カードから取り外したすべての SFP モジュールまたは QSFP モジュールを再度取り付けます。

  2. 残りの PCIe ライザーに対して前述の手順を繰り返します。

手順 10 :コントローラモジュールを取り付ける

障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールにすべてのコンポーネントを移動したら、交換用コントローラモジュールをシャーシに取り付け、メンテナンスモードでブートする必要があります。

  1. まだ行っていない場合は、エアダクトを閉じます。

    1. エアダクトをコントローラモジュールまで下げます。

    2. カチッという音がして固定ツメが所定の位置に収まるまで、エアダクトをライザーの方向にスライドさせます。

    3. エアダクトが正しく取り付けられ、所定の位置に固定されていることを確認します。

      DRW a700s 閉エアダクト

    固定ツメ

    スライドプランジャ

  2. コントローラモジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラモジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。

    注記 指示があるまでコントローラモジュールをシャーシに完全に挿入しないでください。
  3. システムにアクセスして以降のセクションのタスクを実行できるように、管理ポートとコンソールポートのみをケーブル接続します。

    注記 残りのケーブルは、この手順の後半でコントローラモジュールに接続します。
  4. コントローラモジュールの再取り付けを完了します。

    1. コントローラモジュールをシャーシに挿入し、ミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着します。

      コントローラモジュールが完全に装着されると、ロックラッチが上がります。

      注記 コネクタの破損を防ぐため、コントローラモジュールをスライドしてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。

    コントローラモジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。ブートプロセスを中断できるように準備しておきます。

    1. ロックラッチを上に回転させてロックピンが外れるように傾け、ロックされるまで下げます。

    2. Ctrl キーを押しながら C キーを押して ' 通常の起動プロセスを中断します

  5. システムケーブルとトランシーバモジュールをコントローラモジュールに接続し、ケーブルマネジメントデバイスを再度取り付けます。

  6. 電源装置に電源ケーブルを接続し、電源ケーブルの固定クリップを再度取り付けます。