Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラをシャットダウンします(FAS2800)

共同作成者

この手順 は、2ノード、非MetroCluster構成専用です。システムのノードが3つ以上の場合は、を参照してください "4ノードクラスタで1つのHAペアを正常にシャットダウンして電源をオンにする方法"

作業を開始する前に

必要なもの:

  • ONTAP のローカル管理者のクレデンシャル。

  • ストレージ暗号化またはNVE / NAEを使用する場合は、NetAppのオンボードキー管理(OKM)クラスタ全体のパスフレーズ。

  • 各コントローラのBMCへのアクセス性。

  • すべてのクライアント/ホストからネットアップシステム上のデータへのアクセスを停止します。

  • 外部バックアップジョブを一時停止します。

  • 交換に必要な工具と機器。

メモ FabricPool のクラウド階層として使用されるネットアップStorageGRID またはONTAP S3のシステムの場合は、を参照してください "ストレージシステムの『解決ガイド』を正常にシャットダウンし、電源を投入します" この手順 を実行した後。

シャットダウン前のベストプラクティスは次のとおりです。

手順
  1. SSHを使用してクラスタにログインするか、クラスタ内の任意のノードからローカルのコンソールケーブルとラップトップ/コンソールを使用してログインします。

  2. AutoSupportをオフにして、システムがオフラインになるまでの時間を指定します。

    system node autosupport invoke -node * -type all -message "MAINT=8h Power Maintenance"

  3. すべてのノードのSP / BMCアドレスを特定します。

    system service-processor show -node * -fields address

  4. クラスタシェルを終了します。 exit

  5. 前の手順の出力に表示されたいずれかのノードのIPアドレスを使用して、SSH経由でSP / BMCにログインします。

    コンソール/ラップトップを使用している場合は、同じクラスタ管理者のクレデンシャルを使用してコントローラにログインします。

    メモ 進捗状況を監視できるように、すべてのSP / BMC接続とのSSHセッションを開きます。
  6. 障害のあるシャーシにある2つのノードを停止します。

    system node halt -node <node>,<node2> -skip-lif-migration-before-shutdown true -ignore-quorum-warnings true -inhibit-takeover true

    メモ StrictSyncモードで動作するSnapMirror同期を使用するクラスタの場合: system node halt -node <node>,<node2> -skip-lif-migration-before-shutdown true -ignore-quorum-warnings true -inhibit-takeover true -ignore-strict-sync-warnings true
  7. 表示されたら、クラスタ内の各コントローラに「* y *」と入力します。 Warning: Are you sure you want to halt node "cluster <node-name> number"? {y|n}:

  8. 各コントローラが停止するまで待ち、LOADERプロンプトを表示します。