日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラモジュールハードウェア FAS500f を交換してください

コントローラモジュールハードウェアを交換するには、障害のあるコントローラを取り外し、 FRU コンポーネントを交換用コントローラモジュールに移動し、交換用コントローラモジュールをシャーシに取り付けてから、システムをメンテナンスモードでブートする必要があります。

手順 1 :コントローラモジュールを取り外す

コントローラモジュール内部のコンポーネントを交換する場合は、コントローラモジュールをシャーシから取り外す必要があります。

元の場所がわかるように、ケーブルにラベルを付けておいてください。

次のビデオまたは表に示す手順を使用して、コントローラモジュールを交換できます。

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. コントローラモジュールの電源装置のコードをソースから抜きます。

  3. 電源ケーブル固定クリップを外し、電源装置からケーブルを抜きます。

  4. コントローラモジュールの両側にあるラッチ機構に人差し指をかけ、親指でレバーを押し、コントローラをシャーシからゆっくりと引き出します。

    注記 コントローラモジュールを取り外しにくい場合は、(腕を交差させて)内側から穴に人さし指を入れます。
    DRW A250 PCM 取り外し取り付け

    レバー

    ラッチ機構

  5. コントローラモジュールの両側を両手で持ってシャーシからゆっくりと引き出し、平らで安定した場所に置きます。

  6. コントローラモジュールの前面にある取り付けネジを反時計回りに回して、コントローラモジュールのカバーを開きます。

    DRW A250 オープンコントローラモジュールカバー

    取り付けネジ

    コントローラモジュールカバー

  7. エアダクトカバーを持ち上げて外します。

    DRW A250 エアダクトカバーを取り外す

手順 2 :電源装置を移動します

コントローラモジュールを交換する場合は、障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールに電源装置を移動する必要があります。

  1. 電源装置の接続を解除します。

  2. 電源ケーブルの固定クリップを開き、電源装置から電源ケーブルを抜きます。

  3. 電源から電源ケーブルを抜きます。

  4. 固定ツメを押しながらカムハンドルを回転させて、コントローラモジュールから電源装置を引き出せるようにします。

    注意 コネクタの破損を防ぐため、コントローラモジュールをスライドしてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。
    DRW A250 は PSU を交換します

    電源装置の固定ツメ(青)

    電源装置

  5. 電源装置を新しいコントローラモジュールに移して取り付けます。

  6. 電源装置の端を両手で支えながらコントローラモジュールの開口部に合わせ、固定ツメがカチッと音を立てて所定の位置に収まるまで電源装置をコントローラモジュールにそっと押し込みます。

    電源装置は、内部コネクタに正しく差し込まれ、所定の位置にロックされているだけです。

    重要 内部コネクタの破損を防ぐため、電源装置をシステムに挿入する際に力を入れすぎないようにしてください。

手順 3 :ファンを移動します

障害が発生したコントローラモジュールを交換する場合は、障害のあるコントローラモジュールから交換用モジュールにファンを移動する必要があります。

  1. ファンモジュールの側面をつまみ、ファンモジュールを持ち上げてコントローラモジュールから取り出します。

    DRW A250 は、ファンを交換します

    ファンモジュール

  2. ファンモジュールを交換用コントローラモジュールに移動し、ファンモジュールの端をコントローラモジュールの開口部に合わせ、ファンモジュールをスライドさせます。

  3. 残りのファンモジュールに対して上記の手順を繰り返します。

手順 4 :ブートメディアを移動します

コントローラモジュールのエアダクトの下の AFF A250 には、ブートメディアデバイスが 1 つあります。障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールにコントローラモジュールを移動する必要があります。

ブートメディアを固定しているネジを外すために、 No.1 プラスドライバが必要です。コントローラモジュール内のスペースには制約があるため、ネジを失うことがないようにマグネットでに取り付ける必要があります。

  1. 障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールへのブートメディアの場所を確認して移動します。

    DRW A250 は、ブートメディアの交換に使用します

    障害のあるコントローラモジュールのマザーボードにブートメディアを固定しているネジを外します。

    障害のあるコントローラモジュールからブートメディアを持ち上げて取り出します。

    1. No.1 磁気ドライバを使用してブートメディアからネジを外し、マグネットの上に安全に置きます。

    2. ブートメディアをソケットから直接そっと持ち上げ、交換用コントローラモジュールの所定の位置に合わせます。

    3. No.1 磁気ドライバを使用して、ブートメディアのネジを挿入して締めます。

      注記 ブートメディアのネジを締めるときは力を加えないでください。ひびが入ることがあります。

手順 5 : DIMM を移動します

DIMM を移動するには、障害のあるコントローラの DIMM の場所を確認し、 DIMM を交換用コントローラに移動して、特定の手順を実行します。

+ image : ../ media /drw_A250_dimm_replace.png [ めでぃ Image : ../ media/drw_A250_dimm_replace.png ]

+ 重要:障害のあるコントローラモジュールで使用していたスロットと同じスロットに各 DIMM を取り付けます。

  1. DIMM の両側にあるツメをゆっくり押し開いて、 DIMM をスロットから引き出します。

    重要 DIMM 回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、 DIMM の両端を持ちます。
  2. 交換用コントローラモジュールで対応する DIMM スロットの場所を確認します。

  3. DIMM ソケットのツメが開いた状態になっていることを確認し、 DIMM をソケットに対して垂直に挿入します。

    DIMM のソケットへの挿入にある程度の力が必要です。簡単に挿入できない場合は、 DIMM を再度挿入してソケットに正しく合わせ直してください。

  4. DIMM がソケットにまっすぐ差し込まれていることを目で確認してください。

  5. 残りの DIMM についても、上記の手順を繰り返します。

手順 6 :メザニンカードを移動します

メザニンカードを移動するには、ケーブル接続と QSFP および SFP をポートから取り外し、メザニンカードを交換用コントローラに移動し、すべての QSFP と SFP をポートに再度取り付けて、ポートにケーブルを接続する必要があります。

  1. 障害のあるコントローラモジュールからメザニンカードの場所を確認して移動します。

    DRW A250 はメザニンカードを交換します

    コントローラモジュール前面のネジを外します。

    コントローラモジュールのネジを緩めます。

    メザニンカードを移動します。

  2. メザニンカードに接続されているケーブルをすべて取り外します。

    元の場所がわかるように、ケーブルにラベルを付けておいてください。

    1. メザニンカードに搭載されている可能性がある SFP モジュールまたは QSFP モジュールをすべて取り外し、脇に置きます。

    2. 磁気ドライバ 1 を使用して、障害のあるコントローラモジュールの前面とメザニンカードからネジを取り外し、マグネットの上に安全に置きます。

    3. メザニンカードをソケットからそっと持ち上げて、交換用コントローラの同じ位置に移動します。

    4. メザニンカードを交換用コントローラの所定の位置にそっと合わせます。

    5. No.1 磁気ドライバを使用して、交換用コントローラモジュール前面とメザニンカードにネジを挿入して締めます。

      注記 メザニンカードのネジを締めるときは力を加えないでください。ひびが入ることがあります。
  3. 障害のあるコントローラモジュールに別のメザニンカードがある場合は、上記の手順を繰り返します。

  4. 取り外した SFP モジュールまたは QSFP モジュールをメザニンカードに挿入します。

手順 7 : NV バッテリを移動する

コントローラモジュールを交換する場合は、障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールに NV バッテリを移動する必要があります。

  1. 障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールに NVMEM バッテリの場所を確認して移動します。

    NVMEM バッテリは DRW A250 に交換します

    バッテリプラグ前面のクリップを押します。

    バッテリケーブルをソケットから抜きます。

    バッテリをつかんで、「 PUSH 」と書かれた青色の固定ツメを押します。

    バッテリを持ち上げてホルダーとコントローラモジュールから取り出します。

  2. バッテリプラグの場所を確認し、バッテリプラグ前面のクリップを押してプラグをソケットから外します。

  3. バッテリをつかんで「 PUSH 」と書かれた青色の固定ツメを押し、バッテリを持ち上げてホルダーとコントローラモジュールから取り出します。

  4. 交換用コントローラモジュールで対応する NV バッテリホルダーの場所を確認し、 NV バッテリをバッテリホルダーの位置に合わせます。

  5. NV バッテリプラグをソケットに挿入します。

  6. バッテリパックを金属板の側壁に沿って下にスライドさせます。側壁のサポートタブがバッテリパックのスロットに収まると、バッテリパックのラッチがカチッという音を立てて側壁の開口部に固定されます。

  7. バッテリパックをしっかりと押し下げて、所定の位置に固定します。

手順 8 :コントローラモジュールを取り付ける

障害のあるコントローラモジュールから交換用コントローラモジュールにすべてのコンポーネントを移動したら、交換用コントローラモジュールをシャーシに取り付け、メンテナンスモードでブートする必要があります。

次の図または記載された手順を使用して、交換用コントローラモジュールをシャーシに設置できます。

  1. エアダクトをまだ取り付けていない場合は、取り付けます。

    DRW A250 エアダクトカバーを取り付ける
  2. コントローラモジュールのカバーを閉じ、取り付けネジを締めます。

    DRW A250 クローズコントローラモジュールカバー

    コントローラモジュールカバー

    取り付けネジ

  3. コントローラモジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラモジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。

    注記 指示があるまでコントローラモジュールをシャーシに完全に挿入しないでください。
  4. システムにアクセスして以降のセクションのタスクを実行できるように、管理ポートとコンソールポートのみをケーブル接続します。

    注記 残りのケーブルは、この手順の後半でコントローラモジュールに接続します。
  5. コントローラモジュールをシャーシに挿入します。

  6. ラッチのアームがすべて引き出された位置で固定されていることを確認します。

  7. コントローラモジュールを両手で位置に合わせ、ラッチのアームにゆっくりとスライドさせて停止させます。

  8. ラッチの内側から穴に人さし指を入れます。

  9. ラッチ上部のオレンジ色のタブで親指を押し下げ、コントローラモジュールをゆっくりと停止位置に押し込みます。

  10. ラッチの上部から親指を離し、ラッチが完全に固定されるまで押し続けます。

    コントローラモジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。ブートプロセスを中断できるように準備しておきます。

    コントローラモジュールを完全に挿入し、シャーシの端と同一平面になるようにします。