日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

追加のサポートレールを取り付けます

システムキャビネットには、あらかじめいくつかのサポートレールが取り付けられています。システムにサポートレールを追加する必要がある場合は、システムコンポーネントを取り付ける前にレールを取り付ける必要があります。

このタスクでは、 DS212C および DE212C ディスクシェルフを除くすべてのコントローラおよびディスクシェルフを環境で接続します。これら 2 つのディスクシェルフについては、該当するレールキットの説明書を使用してください。

  1. 機器に必要なスペースを決定します。

    機器の高さから機器に必要な U スペース( 1U = 4.45cm )を計算し、システムキャビネット内の使用可能なスペースに基づいて機器を取り付ける場所を決定します。

  2. サポートレールを取り付ける場所を確認し、次の図を参考にして取り付けます。

    DRW syscab ozeki サポートレールの取り付け
  3. 機器のマウントフランジがサポートレールのネジ穴よりも上に来る場合は、必要に応じて、サポートレールの上にケージナットを取り付けます。

    DRW クリップナット取り付け