日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PDU を交換します

システムキャビネット内の故障した PDU を交換したり、既存の PDU を別のタイプの PDU と交換したりできます。

交換用 PDU がシステムキャビネットでサポートされ、設置されている機器に十分な電力を供給する必要があります。

  1. ターゲット PDU の回路ブレーカーをオフにして、古い PDU を AC 電源から取り外します。

  2. システムキャビネットに対して自身の接地対策を行い、各システムコンポーネントと PDU から電源コードを抜きます。

  3. PDU フレームの下部のネジを最初に外します。

    注記 PDU の上部から最後のネジを外す際には、片手で PDU を支えてください。これにより、ネジを外したあとに PDU が落下したり、自分の方に倒れたりするのを防ぐことができます。
  4. 古い PDU をシステムキャビネットから取り外します。

    交換用 PDU の取り付け時に再利用できるように、必ず取り付けネジを残しておきます。

  5. 古い PDU からブラケットを取り外し、交換用 PDU の背面に取り付けます。

  6. 交換用 PDU を支えながら、 PDU のマウントブラケットのスロットをシステムキャビネット内部のフレーム上部の穴に合わせ、古い PDU の取り付けネジを使用して PDU をシステムキャビネットフレームに固定します。

  7. PDU の底部をシステムキャビネットフレームに固定し、すべての取り付けネジを締めます。

  8. すべての電源スイッチまたは回路ブレーカーがオフになっていることを確認します。

    回路ブレーカーがオフになっていない場合は、小型のドライバまたはまっすぐに伸ばしたペーパークリップをオフラベルの右側のスロットに差し込み、回路ブレーカーを切って回路をオフにします。

  9. 各コンポーネントをコンポーネントから直接 PDU のコンセントに差し込んで、システムの電源コードを PDU に接続します。

    ヒント PDU の分岐全体に負荷を分散し、各分岐の負荷を可能なかぎり均等にすることを推奨します。
  10. 各コンポーネントの電源ケーブルプラグを、プラグの上にあるケーブル固定クリップを使用して所定の位置に固定します。このとき、ケーブル固定クリップのカーブした方をプラグの肩部にスライドさせます。

  11. PDU の電源コードを AC 電源に接続します。

  12. PDU の電源スイッチまたは回路ブレーカーをオンにします。

    PDU 回路ブレーカーは、ボタンが PDU フレームと同一平面上にある場合はオンです。