日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディスクドライブをホットスワップします

ディスクドライブで障害が発生すると、どのディスクドライブで障害が発生したかを示す警告メッセージがシステムコンソールに記録されます。さらに、オペレータ用ディスプレイパネルの障害 LED と、障害が発生したディスクドライブの障害 LED の両方が点灯します。I/O の実行中に障害が発生したドライブを無停止で交換できます。

  • 交換用ディスクドライブがプラットフォームでサポートされている必要があります。

  • システムコンソールから「 storage disk show -broken 」コマンドを実行して、障害が発生したディスクドライブを特定してください。障害が発生したドライブが障害ドライブのリストに表示されます。表示されない場合は、少し待ってからもう一度コマンドを実行してください。

ディスクのホットスワップ方法は、ディスクドライブの使用方法によって異なります。SED 認証が有効になっている場合は、 ONTAP のドキュメントに記載されている SED の交換手順を使用する必要があります。ONTAP のドキュメントには、 SED の交換前と交換後に実行する必要がある手順も記載されています。

複数のディスクドライブを交換する場合は、ストレージシステムがそれぞれの新しいディスクを認識できるように、障害が発生した各ディスクドライブを取り外してから交換用ディスクドライブを挿入するまで 1 分間待機する必要があります。

注記 取り外し、取り付け、持ち運びなど、ディスクドライブを扱うときは常に両手で作業してください。
  • * ベストプラクティス:ドライブをホットスワップする前に、 Disk Qualification Package ( DQP )の最新バージョンをインストールしておくことを推奨します。

  • 最新のファームウェアバージョンでない新しいドライブでは、ドライブファームウェアは自動的に(無停止で)更新されます。

  • 交換用ドライブを開封したら、障害が発生したドライブを返送するときのために、梱包材はすべて保管しておいてください。

    1. 交換用ドライブのドライブ所有権を手動で割り当てる場合は、ドライブの自動割り当て交換用ドライブが有効になっている場合は無効にする必要があります

      注記 ドライブ所有権を手動で割り当てたあと、この手順の以降の手順で自動ドライブ割り当てを再度有効にします。
      1. 自動ドライブ割り当てが有効になっているかどうかを確認します。「 storage disk option show

        このコマンドは、どちらのコントローラモジュールでも入力できます。

      自動ドライブ割り当てが有効になっている場合は ' 各コントローラモジュールの Auto Assign 列に on と表示されます

      1. 自動ドライブ割り当てが有効になっている場合は無効にします。「 storage disk option modify -node node_name -autoassign off

        両方のコントローラモジュールで自動ドライブ割り当てを無効にする必要があります。

    2. 自身の適切な接地対策を行います

    3. プラットフォームの前面からベゼルをそっと取り外します。

    4. システムコンソールの警告メッセージと、ディスクドライブで点灯している障害 LED から、障害が発生しているディスクドライブを特定します

    5. ディスクドライブの前面にあるリリースボタンを押します。

      ストレージシステムに応じて、リリースボタンがディスクドライブの上側の面にある場合と、左側の面にある場合があります。

      たとえば、次の図は、ディスクドライブの上側の面にリリースボタンがあるディスクドライブを示しています。

      2240 :ディスクの削除

      ディスクドライブのカムハンドルが途中まで開き、ディスクドライブがミッドプレーンから外れます。

    6. カムハンドルを完全に引き下げて、ミッドプレーンからディスクドライブを取り外します。

      DRW ドライブが開いています
    7. ディスクドライブを少し引き出してからディスクが安全にスピンダウンするようにします。この処理には 1 分もかかりません。そのあと、両手でディスクシェルフからディスクドライブを取り外します。

    8. カムハンドルを開いた状態で、交換用ディスクドライブをドライブベイに挿入し、ディスクドライブが停止するまでしっかりと押し込みます。

      注記 新しいディスクドライブは、 10 秒以上待ってから挿入してください。これにより、システムはディスクドライブが取り外されたことを認識できます。
      注記 プラットフォームドライブベイにドライブが完全に装着されていない場合は、障害が発生したドライブを取り外したドライブベイに交換用ドライブを取り付けることが重要です。
      注記 ディスクドライブを挿入するときは両手を使いますが、ディスクキャリアの下側のむき出しになっているディスクドライブボードには手を置かないでください。
    9. ディスクドライブがミッドプレーンに完全に収まり、カチッという音がして固定されるまで、カムハンドルを閉じます。

      ディスクドライブの前面に揃うように、カムハンドルをゆっくりと閉じてください。

    10. 別のディスクドライブを交換する場合は、手順 4~9 を繰り返します。

    11. ベゼルを再度取り付けます。

    12. 手順 1 でドライブの自動割り当てを無効にした場合は、ドライブ所有権を手動で割り当ててから、必要に応じてドライブの自動割り当てを再度有効にします。

      1. 所有権が未設定のドライブをすべて表示します。「 storage disk show -container-type unassigned 」

        このコマンドは、どちらのコントローラモジュールでも入力できます。

      2. 各ドライブを割り当てます。「 storage disk assign -disk disk_name -owner owner_name 」

        このコマンドは、どちらのコントローラモジュールでも入力できます。

    ワイルドカード文字を使用すると、一度に複数のドライブを割り当てることができます。

    1. 必要に応じて自動ドライブ割り当てを再度有効にします。「 storage disk option modify -node node_name -autoassign on 」

      両方のコントローラモジュールで自動ドライブ割り当てを再度有効にする必要があります。

      1. 障害のある部品は、キットに付属する RMA 指示書に従ってネットアップに返却してください。

        テクニカルサポートにお問い合わせください "ネットアップサポート"RMA 番号を確認する場合や、交換用手順にサポートが必要な場合は、日本国内サポート用電話番号:国内フリーダイヤル 0066-33-123-265 または 0066-33-821-274 (国際フリーフォン 800-800-80-800 も使用可能)までご連絡ください。