日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IOM12 モジュールを搭載したオンボードストレージシェルフを搭載した AFF プラットフォームと FAS プラットフォームのコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例

記入済みのコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例を使用して、 AFF A200 、 AFF A220 、 FAS2600 シリーズ、 FAS2700 プラットフォームなどのオンボードストレージで AFF プラットフォームと FAS プラットフォームをケーブル接続できます。この情報は、システム外部のシステムには適用されません。

  • 必要に応じて、を参照してください "SAS ケーブル接続ルール" サポートされる構成、シェルフ / シェルフ間の接続、およびコントローラ / シェルフ間の接続については、を参照してください。

  • ケーブル接続例では、コントローラ / スタック間のケーブル接続のうち、コントローラ 0b のポート接続を実線で、コントローラ 0a のポート接続を点線で区別して表しています。

    DRW fas2600 コントローラからスタックケーブルタイプキー
  • ケーブル接続例では、コントローラ / スタック間の接続とシェルフ / シェルフ間の接続に別の色を使用して、 IOM A (ドメイン A )経由の接続と IOM B (ドメイン B )経由の接続を区別しています。

    DRW fas2600 ケーブルカラーキー

マルチパス HA 構成で、マルチシェルフスタックを 1 つ使用したオンボードストレージを搭載した AFF プラットフォームと FAS プラットフォーム

次のワークシートとケーブル接続の例では、ポートペア 0a / 0b を使用しています。

DRW fas2600 mpha ワークシート
DRW fas2600 mpha

FAS2600 シリーズマルチパス構成、マルチシェルフスタック × 1

次のワークシートとケーブル接続例では、ポートペア 0a / 0b を使用しています。

この例では、コントローラはシャーシのスロット A に取り付けられています。コントローラがシャーシのスロット A にある場合、内蔵ストレージポート( 0b )はドメイン A ( IOM A )にあります。したがって、ポート 0b はスタック内のドメイン A ( IOM A )に接続する必要があります。

DRW fas2600 mp スロット A ワークシート
DRW fas2600 mp スロット A

この例では、コントローラはシャーシのスロット B に取り付けられています。コントローラがシャーシのスロット B にある場合、内蔵ストレージポート( 0b )はドメイン B ( IOM B )にあります。したがって、ポート 0b はスタック内のドメイン B ( IOM B )に接続する必要があります。

DRW fas2600 mp slot b ワークシート
DRW fas2600 mp slot b