日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

一般的なマルチパス HA 構成 - IOM12 モジュールを搭載したシェルフのコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例

コントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例を使用して、 HA ペアをマルチパス HA 構成としてケーブル接続できます。

  • 必要に応じて、を参照してください "SAS ケーブル接続ルール" サポートされる構成については、コントローラのスロット番号の規則、シェルフ / シェルフ間の接続、およびコントローラ / シェルフ間の接続(ポートペアの使用など)を参照してください。

  • 必要に応じて、を参照してください "マルチパス接続でコントローラ / スタック間をケーブル接続するためのワークシートの読み取り方法"

  • ケーブル接続例では、コントローラ / スタック間のケーブル接続のうち、コントローラ A と C のポート接続を実線で、コントローラ B と D のポート接続を点線で区別して表しています。

    ケーブルタイプキーをスタックする DRW コントローラ
  • HA ペアの各スタックへの接続を区別するために、ケーブル接続例のケーブルとワークシートの対応するポートペアに同じ色を使用しています。

    DRW コントローラからスタックへのケーブルカラーキー非 2600 4stackcolors
  • ワークシートとケーブル接続例では、ケーブル接続のポートペアをワークシートに記載されている順序で示しています。

クアッドポート SAS HBA を使用したマルチパス HA 構成のコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例

記入済みのコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例を使用して、クアッドポート SAS HBA を備えた一般的なマルチパス HA 構成をケーブル接続できます。これらのコントローラにはオンボード SAS ポートはありません。

マルチパス HA :クアッドポート SAS HBA × 1 、シングルシェルフスタック × 1

次のワークシートとケーブル接続例では、ポートペア 1a / 1d を使用しています。

DRW ワークシート mpha スロット 1 1 4 ポートバ 1 台のシングルシェルフスタック
DRW mpha スロット 1 1 4 ポートバ 1 台のシングルシェルフスタック

マルチパス HA :クアッドポート SAS HBA × 1 、シングルシェルフスタック × 2

次のワークシートとケーブル接続例では、ポートペア 1a / 1d と 1c / 1b を使用しています。

DRW ワークシート mpha スロット 1 1 4 ポートバ 2 台のシングルシェルフスタック
DRW mpha スロット 1 1 4 ポートバ 2 台のシングルシェルフスタック

マルチパス HA :クアッドポート SAS HBA × 2 、マルチシェルフスタック × 2

この構成では、 1a / 2b 、 2a / 1d 、 1c / 2d 、 2c / 1b の 4 組のポートペアを使用できます。ポートペアは、特定の順序(ワークシートに記載の順)でケーブル接続するか、 1 つおきに(ポートペアをスキップして)ケーブル接続できます。

注記 スタックのケーブル接続に必要となる以上のポートペアがシステムにある場合は、ポートペアをスキップしてシステムの SAS ポートを最適化することを推奨します。SAS ポートを最適化することで、システムのパフォーマンスが最適化されます。

次のワークシートとケーブル接続例は、ポートペアをワークシートに記載された順序で使用していることを示しています。 1a / 2b 、 2a / 1d 、 1c / 2d 、 2c / 1b 。

DRW ワークシート mpha スロット 1 と 2 つの 4 ポートバス 2 つのスタック
DRW mpha スロット 1 および 2 4 ポートバス 4 スタック

次のワークシートとケーブル接続例は、ポートペアをスキップしてリスト内の他のポートペア 1a / 2b と 1c / 2d を使用しています。

注記 あとで 3 つ目のスタックを追加する場合は、スキップしたポートペアを使用します。
DRW ワークシート mpha スロット 1 と 2 つの 4 ポートバス 2 つのスタックがスキップされました
DRW mpha スロット 1 と 2 つの 4 ポートバス 2 つのスタックがスキップされました

4 つのオンボード SAS ポートを使用したマルチパス HA 構成のコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例

記入済みのコントローラ / スタック間のケーブル接続ワークシートとケーブル接続例を使用して、オンボード SAS ポートを 4 つ備えた一般的なマルチパス HA 構成をケーブル接続できます。

マルチパス HA :オンボード SAS ポート × 4 、シングルシェルフスタック × 1

次のワークシートとケーブル接続例では、ポートペア 0a~0d を使用します。

DRW ワークシート mpha スロット 0 4 ポート 1 つのシングルシェルフスタック
DRW mpha スロット 0 4 ポート 1 台のシングルシェルフスタック

マルチパス HA :オンボード SAS ポート × 4 、シングルシェルフスタック × 2

次のワークシートとケーブル接続例では、ポートペア 0a~0d と 0c/0b を使用しています。

DRW ワークシート mpha スロット 0 4 ポート 2 つのシングルシェルフスタック
DRW mpha スロット 0 4 ポート 2 つのシングルシェルフスタック

マルチパス HA :オンボード SAS ポート × 4 、クアッドポート SAS HBA × 1 、マルチシェルフスタック × 2

この構成では、 0a / 1b 、 1a / 0d 、 0c / 1d 、 1c / 0b の 4 組のポートペアを使用できます。ポートペアは、特定の順序(ワークシートに記載の順)でケーブル接続するか、 1 つおきに(ポートペアをスキップして)ケーブル接続できます。

注記 スタックのケーブル接続に必要となる以上のポートペアがシステムにある場合は、ポートペアをスキップしてシステムの SAS ポートを最適化することを推奨します。SAS ポートを最適化することで、システムのパフォーマンスが最適化されます。

次のワークシートとケーブル接続例では、ポートペアをワークシートに記載された順序で使用しています。 0a~1b 、 1a / 0d 、 0c / 1d 、 1c / 0b

DRW ワークシート mpha スロット 0 および 8 ポート 4 スタック 1
DRW mpha スロット 0 および 8 ポート 4 スタック

次のワークシートとケーブル接続例では、ポートペアをスキップしてリスト内の別のポート 0a / 1b および 0c / 1d を使用しています。

注記 あとで 3 つ目のスタックを追加する場合は、スキップしたポートペアを使用します。
DRW ワークシート mpha スロット 0 および 8 ポート x 2 スタックスキップ
DRW mpha スロット 0 と 8 ポート 1 個のスタックがスキップされました