日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IOM12 モジュールシェルフを IOM12 モジュールとホットスワップするか交換します

IOM12 モジュールに障害が発生した場合に無停止で IOM12 モジュールのホットスワップを実行できるか、停止を伴う IOM12 モジュールの交換が必要かは、システム構成に応じて決まります。

システム内のその他すべてのコンポーネント(他の IOM12 モジュールを含む)が正常に動作している必要があります。

このタスクについて
  • マルチパス(マルチパス HA またはマルチパス構成およびクアッドパス(クアッドパス HA またはクアッドパス)構成の場合、 IOM12 モジュールをホットスワップ(電源がオンでデータを提供中のシステムで IOM12 モジュールを無停止で交換)できます。

  • FAS2600 シリーズおよび FAS2700 のシングルパス HA 構成の場合、テイクオーバーとギブバックの処理を実行して、電源がオンでデータを提供中のシステム内の IOM12 モジュールを交換する必要があります。 - I/O が実行中です。

  • FAS2600 シリーズのシングルパス構成の場合、 IOM12 モジュールを交換するためにはシステムを停止する必要があります。

    注記 シングルパス接続されたディスクシェルフの IOM12 モジュールをホットスワップしようとすると、そのディスクシェルフおよびその下のすべてのディスクシェルフ上のディスクドライブへのアクセスがすべて失われます。システム全体を停止することもできます。
  • 新しいディスクシェルフ、シェルフ FRU コンポーネント、または SAS ケーブルを追加する前に、お使いのシステムのディスクシェルフ( IOM )ファームウェアとディスクドライブファームウェアを最新バージョンにしておくことを推奨します。

    ファームウェアの最新バージョンは、ネットアップサポートサイトで入手できます。

  • 新しい IOM12 モジュールのディスクシェルフ( IOM )ファームウェアが最新のファームウェアバージョンでない場合、自動的に(無停止で)更新されます。

    IOM ファームウェアは 10 分おきにチェックされます。IOM ファームウェアの更新には最大 30 分かかることがあります。

  • 影響を受けるディスクシェルフの物理的な位置を特定するために、必要に応じてディスクシェルフのロケーション(青色の) LED を点灯できます。「 storage shelf location -led modify -shelf-name _shelf_name _led-status on

    ディスクシェルフにはロケーション LED が 3 つあります。オペレータ用ディスプレイパネルに 1 つと、各 IOM12 モジュールに 1 つです。ロケーション LED は 30 分間点灯します。点灯を中止するには、同じコマンドを off オプションに変更して入力します。

  • オペレータ用ディスプレイパネルと FRU コンポーネントにあるディスクシェルフ LED の場所と、それらの LED が示す意味については、ディスクシェルフ LED の監視に関する項を参照してください。

手順
  1. 自身の適切な接地対策を行います

  2. 新しい IOM12 モジュールを開封し、ディスクシェルフの近くの平らな場所に置きます。

    梱包材は、障害が発生した IOM12 モジュールを返却するときのためにすべて保管しておいてください。

  3. システムコンソールの警告メッセージと、障害が発生した IOM12 モジュールの警告(黄色) LED から、障害が発生した IOM12 モジュールを物理的に特定します。

  4. 使用している構成に応じて、次のいずれかの操作を実行します。

    使用する方法 作業

    マルチパス HA 、マルチパス、クアッドパス HA 、またはクアッドパス構成

    次の手順に進みます。

    FAS2600 シリーズおよび FAS2700 のシングルパス HA 構成

    1. ターゲットノード(障害が発生した IOM12 モジュールが所属するノード)を特定します。

      IOM A はコントローラ 1 に属しています。IOM B はコントローラ 2 に属しています。

    2. ターゲットノードをテイクオーバーします。「 storage failover takeover -bynode _ partner ha node_ 」

    FAS2600 シリーズのシングルパス構成

    1. システムコンソールからシステムをシャットダウンします

    2. ストレージシステムコンソールをチェックして、システムが停止したことを確認します。

  5. 取り外す IOM12 モジュールからケーブルを外します。

    各ケーブルが接続されている IOM12 モジュールポートをメモしておきます。

  6. IOM12 モジュールのカムハンドルのオレンジラッチを外れるまで押し、カムハンドルを最大まで開いてミッドプレーンから IOM12 モジュールを取り外します。

    DRW IOM ラッチ
    DRW IOM が開いています
  7. カムハンドルをつかみ、 IOM12 モジュールをスライドしてディスクシェルフから引き出します。

    IOM12 モジュールを取り扱う際は、重量があるので必ず両手で支えながら作業してください。

  8. 新しい IOM12 モジュールは、 IOM12 モジュールを取り外してから 70 秒以上待ってから取り付けてください。

    この間にドライバによってシェルフ ID が正しく登録されます。

  9. カムハンドルが開いた状態で両手で新しい IOM12 モジュールを持って両端をディスクシェルフの開口部に合わせ、ミッドプレーンにまでしっかりと押し込みます。

    注記 IOM12 モジュールをディスクシェルフに挿入する際に力を入れすぎないように注意してください。コネクタが破損することがあります。
  10. カムハンドルを閉じます。ラッチがカチッという音を立ててロックされ、 IOM12 モジュールが完全に収まります。

  11. ケーブルを再接続します。

    SAS ケーブルのコネクタは、誤挿入を防ぐキーイングが施されているため、正しい向きで IOM ポートに取り付けるとカチッとはまり、 IOM ポートの LNK LED が緑色に点灯します。SAS ケーブルのコネクタをプルタブ(コネクタの下側)を下にして IOM ポートに挿入します。

  12. 使用している構成に応じて、次のいずれかの操作を実行します。

    使用する方法 作業

    マルチパス HA 、マルチパス、クアッドパス HA 、またはクアッドパス構成

    次の手順に進みます。

    FAS2600 シリーズおよび FAS2700 のシングルパス HA 構成

    ターゲットノードをギブバックします。「 storage failover giveback -fromnode partner_ha_node

    FAS2600 シリーズのシングルパス構成

    システムをリブートします。

  13. IOM12 モジュールポートのリンクが確立されたことを確認します。

    ケーブル接続した各モジュールポートで、 4 つの SAS レーンの 1 つ以上で(アダプタまたは別のディスクシェルフとの)リンクが確立された場合、 LNK (緑色) LED が点灯します。

  14. 障害のある部品は、キットに付属する RMA 指示書に従ってネットアップに返却してください。

    テクニカルサポートにお問い合わせください "ネットアップサポート"RMA 番号を確認する場合や、交換用手順にサポートが必要な場合は、日本国内サポート用電話番号:国内フリーダイヤル 0066-33-123-265 または 0066-33-821-274 (国際フリーフォン 800-800-80-800 も使用可能)までご連絡ください。