日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

監視対象のクラスタを指定します

寄稿者

クラスタを監視対象に含め、クラスタの検出ステータスを確認したり、クラスタのパフォーマンスを監視したりするには、クラスタを Active IQ Unified Manager サーバに追加する必要があります。

必要なもの
  • 次の情報が必要です。

    • ホスト名またはクラスタ管理 IP アドレス

      ホスト名は、 Unified Manager がクラスタへの接続に使用する完全修飾ドメイン名( FQDN )または短縮名です。このホスト名は、クラスタ管理 IP アドレスに解決される必要があります。

    クラスタ管理 IP アドレスは、管理用 Storage Virtual Machine ( SVM )のクラスタ管理 LIF である必要があります。ノード管理 LIF を使用すると処理に失敗します。

    • ONTAP 管理者のユーザ名とパスワード

    • クラスタおよびクラスタのポート番号で設定できるプロトコルのタイプ( HTTP または HTTPS )

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • ONTAP 管理者に ONTAPI と SSH の管理者ロールが必要です。

  • Unified Manager の FQDN を使用して、 ONTAP に ping を実行できる必要があります。

    これを確認するには、 ONTAP コマンドの ping -node node_name --destination_Unified_Manager_fqdn_` を使用します。

MetroCluster 構成では、ローカルクラスタとリモートクラスタの両方を追加し、クラスタを正しく設定する必要があります。

手順
  1. [ * Configuration * > * Cluster Data Sources * ] をクリックします。

  2. [ クラスタ ] ページで、 [ * 追加 ] をクリックします。

  3. Add Cluster * (クラスタの追加)ダイアログボックスで、クラスタのホスト名または IP アドレス( IPv4 または IPv6 )、ユーザ名、パスワード、通信プロトコル、ポート番号など、必要な値を指定します。

    デフォルトでは HTTPS プロトコルが選択されています。

    クラスタ管理 IP アドレスは、 IPv6 から IPv4 または IPv4 から IPv6 に変更できます。次の監視サイクルが完了すると、クラスタグリッドとクラスタ設定ページに新しい IP アドレスが反映されます。

  4. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

  5. HTTPS を選択した場合は、次の手順を実行します。

    1. [* Authorize Host * (ホストの認証 * ) ] ダイアログボックスで、 [* View Certificate * (証明書の表示) ] をクリックしてクラスタに関する証明書情報を表示します。

    2. 「 * はい * 」をクリックします。

      Unified Manager で証明書がチェックされるのはクラスタを最初に追加したときだけですが、 ONTAP に対する API 呼び出しごとに確認されるわけではありません。

    証明書の期限が切れているクラスタは追加できません。SSL 証明書を更新してから、クラスタを追加する必要があります。

  6. * オプション * :クラスタ検出ステータスを表示します。

    1. クラスタセットアップ * ページでクラスタ検出ステータスを確認します。

    デフォルトの監視間隔である約 15 分後に、 Unified Manager データベースにクラスタが追加されます。