日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

メタデータバックアップの有効化と無効化

寄稿者 netapp-rlithman

Salesforce のメタデータバックアップを有効または無効にできます。

メタデータのバックアップの有効化

メタデータのバックアップを有効にすると、テナントアカウント内のすべての組織にメタデータのバックアップが提供されます。

手順
  1. をクリックします 歯車アイコン [ サービス設定 ] で [*Salesforce] を選択します。

    Salesforce の設定

  2. 「 * メタデータバックアップを有効にする * 」をクリックして、機能をオンにします。テナントレベルで有効にすると、すべての組織のメタデータがバックアップされます。

メタデータのバックアップを無効にする

メタデータのバックアップは、組織レベルで無効にすることができます。すべての組織でメタデータのバックアップを有効にすると、メタデータのバックアップを作成しない組織を制御できるようになります。

手順
  1. メタデータのバックアップを無効にするには、「 * サービス * 」を参照してください。

  2. [ 本番インスタンス * ] または [ サンドボックスインスタンス * ] を選択します。

  3. 保護された * インスタンスの数を選択します。

  4. メタデータのバックアップを無効にする組織を選択します。

  5. 「 * Metadata Backup * 」をクリックして機能をオフにします。

    メタデータのバックアップを無効にします