日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Manage SnapCenter Plug-in for VMware vSphere

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere アプライアンスを停止、無効化、または有効化するには、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 管理 GUI を使用する必要があります。

メンテナンスコンソールにアクセスします

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere のメンテナンスコンソールを使用して、アプリケーション、システム、およびネットワークの構成を管理できます。管理者パスワードの変更、メンテナンスパスワードの変更、サポートバンドルの生成、およびリモート診断の開始を行うことができます。

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere サービスを停止して再起動する前に、すべてのスケジュールを一時停止する必要があります。

このタスクについて
  • デフォルトでは、ユーザ名「 maint 」と、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere のメンテナンスコンソールにログインするためのパスワード「 admin123 」が使用されます。

    ヒント 導入後に、デフォルトのログインクレデンシャルを変更
  • リモート診断をイネーブルにするには、「 diag 」ユーザのパスワードを設定する必要があります。

    このコマンドを実行するための root ユーザ権限を取得するには、 sudo コマンド > を使用します。

手順
  1. VMware vSphere Web Client で、 SnapCenter VMware プラグインが配置されている VM を選択します。

  2. 仮想マシンを右クリックし、仮想アプライアンスの * サマリ * タブで * リモートコンソールの起動 * をクリックして、メンテナンスコンソールウィンドウを開きます。

    SnapCenter VMware プラグインメンテナンスコンソールのログオンのデフォルトは次のとおりです。

    ユーザ名 : 「パスワード : admin123 」

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. 次の操作を実行できます。

    • オプション 1 :アプリケーション構成

      SnapCenter VMware プラグインサービスの開始または停止ログインユーザ名またはパスワードの変更 MySQL パスワードの変更 MySQL バックアップリスト MySQL バックアップの設定 MySQL バックアップのリストア

    • オプション 2 :システム構成

      仮想マシンのリブートまたはシャットダウン「 maint 」ユーザパスワードの変更タイムゾーンの変更 NTP サーバの有効化 / 無効化 SSH アクセス拡張 jail ディスクサイズ( /jail )のアップグレード VMware Tools のアップグレード

    • オプション 3 :ネットワーク構成

      IP アドレス設定の表示または変更ドメイン名検索設定の表示または変更静的ルートの表示または変更ホストへの Ping 変更のコミット

    • オプション 4 :サポートと診断

      サポートバンドルの生成診断シェルの有効化リモート診断アクセスコアダンプバンドルの生成

メンテナンスコンソールから SnapCenter VMware プラグインのパスワードを変更します

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere の管理 GUI の管理パスワードがわからない場合は、メンテナンスコンソールで新しいパスワードを設定できます。

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere サービスを停止して再起動する前に、すべてのスケジュールを一時停止する必要があります。

ユーザ名としてデフォルトの「 maint 」を使用し、パスワードとして「 admin123 」を使用して、 SnapCenter VMware プラグインのメンテナンスコンソールにログインする必要があります。

手順
  1. VMware vSphere Web Client で、 SnapCenter VMware プラグインが配置されている VM を選択します。

  2. 仮想マシンを右クリックし、仮想アプライアンスの * サマリ * タブで * リモートコンソールの起動 * をクリックして、メンテナンスコンソールウィンドウを開きます。

    SnapCenter VMware プラグインメンテナンスコンソールのログオンのデフォルトは次のとおりです。

    ユーザ名 : 「パスワード : admin123 」

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. アプリケーション設定に「 * 1 * 」と入力します。

  4. [ ユーザー名またはパスワードの変更 ] に「 4 」と入力します。

  5. 新しいパスワードを入力します。

    SnapCenter VMware 仮想アプライアンスサービスが停止され、再起動されます。

証明書を作成してインポートします

SnapCenter VMware プラグインは、 SSL 暗号化を使用してクライアントブラウザとのセキュアな通信を確立します。これにより、ネットワーク全体で暗号化されたデータを使用できるようになりますが、新しい自己署名証明書を作成するか、独自の認証局( CA )インフラストラクチャまたはサードパーティの CA を使用して、環境に合わせて証明書を固有のものにすることができます。を参照してください "技術情報アーティクル:「 How to create or import an SSL certificate to VMware plug-in for SnapCenter"

vCenter から SnapCenter Plug-in for VMware vSphere の登録を解除します

リンクモードの vCenter で SnapCenter VMware プラグインサービスを停止すると、リンクされている他の vCenter で SnapCenter VMware プラグインサービスが実行されていても、リンクされているすべての vCenter でリソースグループを使用できなくなります。

SnapCenter VMware プラグイン拡張機能の手動登録を解除する必要があります。

手順
  1. SnapCenter VMware プラグインサービスが停止しているリンクされた vCenter で、 Managed Object Reference ( MOB )マネージャに移動します。

  2. [ プロパティ ] オプションで、 [ エクステンションマネージャ ] を選択して、登録されている内線番号のリストを表示します。

  3. 拡張子 com.netapp.scvm.webclient` および com.netapp.aegis` の登録を解除します

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を無効にして有効にします

SnapCenter のデータ保護機能が不要になった場合は、 SnapCenter VMware プラグインの設定を変更する必要があります。たとえば、テスト環境にプラグインを導入した場合は、その環境で SnapCenter 機能を無効にして、本番環境で有効にする必要があります。

作業を開始する前に
  • 管理者権限が必要です。

  • 実行中の SnapCenter ジョブがないことを確認します。

SnapCenter VMware プラグインを無効にすると、すべてのリソースグループが中断され、プラグインが vCenter で拡張機能として登録解除されます。

SnapCenter VMware プラグインを有効にすると、プラグインが vCenter で拡張機能として登録され、すべてのリソースグループが本番モードになり、すべてのスケジュールが有効になります。

手順
  1. オプション: SnapCenter VMware プラグインの MySQL リポジトリを新しい仮想アプライアンスにリストアする場合にバックアップします。

  2. https://<OVA-IP-address>:8080` 」の形式で、 SnapCenter VMware プラグイン管理 GUI にログインします。

    プラグインの導入時に、 SnapCenter VMware プラグインの IP が表示されます。

  3. 左側のナビゲーションペインで * Configuration * をクリックし、次に * Plug-in Details * セクションの Service オプションの選択を解除してプラグインを無効にします。

  4. 選択を確定します。

    • SnapCenter VMware プラグインのみを使用して VM 整合性のあるバックアップを実行した場合

      プラグインが無効になっており、これ以上の操作は必要ありません。

    • SnapCenter VMware プラグインを使用してアプリケーションと整合性のあるバックアップを実行した場合

      プラグインが無効になっているため、さらにクリーンアップする必要があります。

      1. VMware vSphere にログインします。

      2. VM の電源をオフにしてから削除します。

      3. 左側のナビゲータ画面で、 SnapCenter VMware プラグインのインスタンス(仮想アプライアンスの導入時に使用された「 .ova 」ファイルの名前)を右クリックし、「ディスクから削除」を選択します。

      4. SnapCenter にログインして、 vSphere ホストを削除します。

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を削除します

SnapCenter のデータ保護機能を使用する必要がなくなった場合は、 SnapCenter VMware プラグインを無効にして vCenter から登録を解除し、 vCenter から SnapCenter VMware プラグインを削除して、残りのファイルを手動で削除する必要があります。

作業を開始する前に
  • 管理者権限が必要です。

  • 実行中の SnapCenter ジョブがないことを確認します。

手順
  1. https://<OVA-IP-address>:8080` 」の形式で、 SnapCenter VMware プラグイン管理 GUI にログインします。

    プラグインの導入時に、 SnapCenter VMware プラグインの IP が表示されます。

  2. 左側のナビゲーションペインで * Configuration * をクリックし、次に * Plug-in Details * セクションの Service オプションの選択を解除してプラグインを無効にします。

  3. VMware vSphere にログインします。

  4. 左側のナビゲータ画面で、 SnapCenter VMware プラグインのインスタンス(仮想アプライアンスの導入時に使用された「 .ova 」ファイルの名前)を右クリックし、「ディスクから削除」を選択します。

  5. vCenter Server の /etc/vmware/vsphere-client-serenity com.netapp.scvm.webclient-4.5.0.5942045/plugins` フォルダにある次のファイルを手動で削除します。

    VSC-httpclient3-security.jar 'CV-api-model.jar 'CVM_WebUI_service.jar 'CVM_WebUI_ui.war 'gson -2.5.jar

  6. SnapCenter VMware プラグインを使用して、アプリケーションと整合性のあるバックアップを作成する他の SnapCenter プラグインをサポートしていた場合は、 SnapCenter にログインして vSphere ホストを削除してください。

仮想アプライアンスは導入されますが、 SnapCenter VMware プラグインは削除されます。

SnapCenter VMware プラグインのホスト VM を削除したあと、ローカルの vCenter キャッシュが更新されるまでプラグインが vCenter に表示されたままになる場合があります。ただし、プラグインが削除されたため、そのホストでは SnapCenter の VMware vSphere 処理を実行できません。ローカルの vCenter キャッシュを更新する場合は、先に SnapCenter の VMware プラグインの設定ページでアプライアンスが無効状態になっていることを確認してから、 vCenter の Web Client Service を再起動してください。