日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要

SMI-S プロバイダによるログファイルとトレースファイルの管理方法を設定できます。たとえば、ログに記録するメッセージのレベルやログの保存先ディレクトリを指定できます。また、トレースするコンポーネント、トレースメッセージの書き込み先となるターゲット、トレースのレベル、トレースファイルの場所も指定します。