日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMIS 更新

デフォルトでは、 SMI-S Provider は 60 分( 3 、 600 秒)ごとにストレージシステムから情報を自動的に取得します。特定のストレージ・システムを手動で更新するには 'SMIS refresh コマンドを使用します

「 SMISE_RESIST_SYSTEM_IP_` 」と入力します

「 [-t { * http * | * https * } ] 」

C : \Program Files ( x86 ) \NetApp\SMIS\Pegasus\bin`

有効なユーザ名とパスワードを持つユーザ

パラメータ
  • 'storage_system_IP'

    特定のストレージ・システムを更新します。

  • '[-t { http|http}]`

    使用するプロトコル: HTTPS (デフォルト)または HTTP

「 smis refresh 」コマンドとその出力は次のとおりです。

smis refresh 10.32.1.4
Return Value= 0