日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMI-S プロバイダで通知を有効にします

アラート、ファイルシステムクォータ、およびライフサイクルの通知は、デフォルトでは無効になっています。これらの表示を有効にするには ' 環境変数 PEGASUS_DISABLE_DEIGEMENT を 'false' に設定します

作業を開始する前に
  • Administrator としてのログインクレデンシャルが必要です。

  • ホストシステムに Administrator としてログインしている必要があります。

「 PEGASUS_DISABLE_DEISMそれら 」が「 false 」に設定されている場合、 NetApp SMI-S Provider で Alert (「 ONTAP_AlertIndication 」)、 FileSystem Quota (「 ONTAP_FSQuotaIndication 」)、および Lifecycle インジケータが有効になります。

手順
  1. NetApp SMI-S Provider にアクセスします。

  2. 「 PEGASUS_DISABLE_DELITES 」環境変数を「 false 」に設定します。

  3. CIM サーバを再起動します。

    SMIS cimserver restart