日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アーカイブバックアップをインポートする

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

コマンドラインインターフェイスからインポート SnapManager できるの SnapCenter は、 SnapVault テクノロジを使用してアーカイブされたバックアップだけです。

  • 必要なもの *

  • SnapCenter Plug-in for Microsoft SQL Server と SnapManager for Microsoft SQL Server 7.x の両方が同じホストにインストールされている必要があります。

  • クラスタをサポートするには、プラグインと 7.x 製品の両方がクラスタの各ノードにインストールされている必要があります。

  • ホストまたはクラスタを SnapCenter に追加し、ホストまたはクラスタにあるバックアップに使用できるリソースを検出しておく必要があります。

  • SnapManager for Microsoft SQL Server の SnapInfo フォルダをバックアップしておく必要があります。

    インポート処理に失敗した場合、 SnapInfo ディレクトリのバックアップメタデータを取得できます。

  • ベストプラクティス: * SnapCenter Plug-in for Microsoft SQL Server のログバックアップフォルダを設定することを推奨します。

SnapCenter のインストールと設定のタスクについては、 SnapCenter のインストールに関する情報を参照してください。SnapManager for Microsoft SQL Server のインストールと設定のタスクについては、 SnapManager のインストールに関する情報を参照してください。

アーカイブバックアップを SnapManager for Microsoft SQL Server から SnapCenter にインポートすると、それらのバックアップのリストア処理やクローニング処理を SnapCenter から実行できるようになります。同時に、 SnapManager for Microsoft SQL Server を使用して、バックアップ、リストア、およびクローニングの処理を引き続き実行することもできます。

  • 手順 *

    1. SnapCenter で SnapManager for Microsoft SQL Server のスケジュールと同様のスケジュールを手動で作成するには、次の手順を実行します。

      1. 「 Get-SmSchedule 」コマンドレットを使用して、 SnapManager for Microsoft SQL Server からスケジュール情報を取得します。

      2. スケジュール情報を保存します。

        SnapCenter でポリシーを作成するときに、このスケジュールの情報を使用できます。

      3. 「 Get-SmSchedule-Hostname 」 <hostname> -PluginCode SMSQL-DisableCurrentGenSchedule 」コマンドレットを使用して、 SnapManager for Microsoft SQL Server のスケジュールを無効にします。

    2. 「 Invoke-NaSmBackupMigration 」コマンドレットを使用して、アーカイブ済みのバックアップをインポートします。