日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースでサポートされる REST API

Oracle データベースでは、 REST API を使用して次の処理を実行します。

クレデンシャル

  • SnapCenter サーバにクレデンシャルを登録します

  • SnapCenter サーバに登録されたクレデンシャルを取得します

  • 名前でクレデンシャルを取得します

  • クレデンシャルの変更

  • 資格情報を削除します

ホスト

  • ホストを追加します

  • SnapCenter から 1 つ以上のホストを削除します

  • 名前でホストを取得します

プラグイン

  • 既存のホストへのプラグインのインストール

  • プラグインをアップグレードする

ポリシー

  • 新しいポリシーを作成する

  • 名前を指定してポリシーを取得します

  • ポリシーを変更する

  • ポリシーを削除します

リソースグループ

  • リソースグループを保護する

  • 保護を変更します

  • 保護を解除します

  • 新しいリソースグループを作成する

  • 名前を指定してリソースグループを取得します

  • リソースグループの変更

  • リソースグループを削除する

リソース

  • データベースを検出します

  • データベースを設定する

バックアップ

  • リソースのバックアップ処理を開始する

  • バックアップ処理を開始する

  • 名前を指定してバックアップを取得します

  • バックアップを取得します

  • 名前によるバックアップの削除

リストア

  • バックアップをリストアします

クローンの更新

  • 指定したバックアップから Oracle データベースのクローン仕様を作成します

  • クローン固有のファイルを表示、変更、および削除します

  • クローンの更新

RBAC

  • ユーザまたはグループにリソースを割り当てます

  • ユーザまたはグループへのリソースの割り当てを解除します

構成設定

  • 構成設定を取得および変更します