日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter サーバのディザスタリカバリでサポートされる REST API

SnapCenter ディザスタリカバリ( DR )機能では、 REST API を使用して SnapCenter サーバをバックアップします。REST API を使用すると、 REST API Swagger ページで次の処理を実行できます。Swagger ページへのアクセス方法については、を参照してください "swagger API Web ページを使用して REST API にアクセスする方法"

  • 必要なもの *

  • SnapCenter 管理者ユーザとしてログインする必要があります。

  • DR リストア API を実行するには、 SnapCenter サーバが稼働している必要があります。

  • このタスクについて *

SnapCenter Server DR はすべてのプラグインをサポートします。

ステップ 説明 REST API HTTP メソッド

1.

既存の SnapCenter サーバ DR バックアップを取得します

注記 DR バックアップを格納するバックアップの名前とターゲットパスを指定する必要があります。

/4.5/disasterrecovery/sa/backup?TargetPath={path}

取得

2.

新しいサーバ DR バックアップを作成します。指定したサーバ DR バックアップから SnapCenter サーバをリストアします。

「 /4.5/disasterrecovery/sa/backup 」

投稿( Post )

3.

指定したサーバ DR バックアップから SnapCenter サーバをリストアします。

  • 前提条件 *

  • 代替サーバのホスト名はプライマリサーバと同じにする必要がありますが、 IP アドレスは異なっていてもかまいません。

  • サーバのバージョンはプライマリサーバと同じである必要があります。

  • ホスト名はプライマリサーバと同じにする必要があります。

  • 次のコマンドを使用して、 DR バックアップファイルが新しい SnapCenter サーバにコピーされていることを確認します。

    xcopy <Ssource_Path>\< インストール先サーバー _ip>\< フォルダパス >/O/X/E/H/K {ex:xcopy C:\DRBackup\\10.225.81.114\c$\DRBackup/O/X/H/X/K}`

プラグインがサーバのホスト名を解決できない場合は、各プラグイン・ホストにログインし、新しい IP の /etc/hosts エントリを「 <New IP> SC_Server_Name 」の形式で追加します

たとえば、 10.225.81.35 SCServer1 と入力します

サーバの /etc/hosts エントリはリストアされません。DR バックアップフォルダから手動でリストアできます。

「 /4.5/disasterrecovery/sa/restore 」

投稿( Post )

4.

バックアップ名に基づいて Server DR バックアップを削除します。

/4.5/disasterrecovery/sa/backup`

削除

5.

ストレージ DR を有効または無効にします

「 /4.5/disasterrecovery/sstorage 」

投稿( Post )

詳細については、を参照してください "ディザスタリカバリ API" ビデオ: