日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

デバッグを容易にするために追加のログ情報を収集する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

失敗した SnapManager 処理をデバッグするために追加のログが必要な場合は、外部環境変数 server.log.level を設定する必要があります。この変数は、デフォルトのログレベルを上書きし、ログファイル内のすべてのログメッセージをダンプします。たとえば、ログレベルを DEBUG に変更できます。これにより、追加のメッセージが記録され、問題のデバッグに役立ちます。

SnapManager ログは、次の場所にあります。

  • /var/log/smo を追加します

デフォルトのログレベルを上書きするには、次の手順を実行する必要があります。

  1. SnapManager のインストールディレクトリに platform.override テキストファイルを作成します。

  2. platform.override テキストファイルに server.log.level パラメータを追加します。

  3. 値( trace 、 debug 、 Info 、 warn 、 error 、 FATAL (致命的)または progress (進行状況)を server.log.level パラメータに指定します。

    たとえば、ログレベルを ERROR に変更するには、 server.log.level の値を error に設定します。

    server.log.level= エラーです

  4. SnapManager サーバを再起動します。

注記 追加のログ情報が不要な場合は、 platform.override テキストファイルから server.log.level パラメータを削除できます。

SnapManager は、 smo .config ファイルの次のパラメータのユーザ定義値に基づいて、サーバ・ログ・ファイルのボリュームを管理します。

  • log.max_log_files

  • log.max_log_file_size

  • log.max_roling_operation_factory-logs