日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

代替ホストにデータベースをクローニングする場合の考慮事項

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

データベースが配置されているホスト以外のホストにクローニングを行うには、いくつかの要件を満たす必要があります。

次の表に、ソースホストとターゲットホストのセットアップ要件を示します。

設定の前提条件 要件

アーキテクチャ

ソース・ホストとターゲット・ホストで同じである必要があります

オペレーティングシステムおよびバージョン

ソース・ホストとターゲット・ホストで同じである必要があります

SnapManager for Oracle の略

ソース・ホストとターゲット・ホストの両方にインストールされ、実行している必要があります

クレデンシャル

ユーザがターゲットホストにアクセスできるように設定する必要があります

Oracle の場合

ソース・ホストとターゲット・ホストに、同じバージョンのソフトウェアをインストールする必要があります。

ターゲット・ホストで Oracle Listener が実行している必要があります。

互換性のあるストレージスタック

ソース・ホストとターゲット・ホストで同じである必要があります

データ・ファイルへのアクセスに使用するプロトコル

ソース・ホストとターゲット・ホストで同じである必要があります

ボリューム・マネージャ

ソース・ホストとターゲット・ホストに、互換性のあるバージョンを設定する必要があります

Automatic Storage Management ( ASM )データベースをリモートホストにクローニングすることもできます。実行する場合は、リモートホストで ASM インスタンスが実行されていることを確認する必要があります。