日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ターゲットデータベースの詳細

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

この統合データベース保護の例では、給与データベースの保護について説明します。この例では次のデータを使用しています。

アトランタに本社を置く 3000 人の企業 TechCo のデータベース管理者( DBA )は、生産給与データベース PAYDB の一貫したバックアップを作成する必要があります。プライマリストレージとセカンダリストレージにバックアップする保護戦略では、データベース管理者とストレージ管理者が協力して、プライマリストレージ上でローカルに Oracle データベースをバックアップするとともに、リモートサイトのセカンダリストレージにリモートで Oracle データベースをバックアップする必要があります。

  • * プロファイル情報 *

    SnapManager でプロファイルを作成する場合は、次のデータが必要です。

    • データベース名: PAYDB

    • ホスト名: payroll.techco.com

    • データベース ID : payrolldb

    • プロファイル名: payroll_prod

    • 接続モード:データベース認証

    • Snapshot の命名方式: smo _hostname_dbsid_smproprofile_scope_mode_smid (「 smo_payroll.xyz.com_payrolldb_payroll_prod_f_h_x" 」に変換)