日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースに関する制限事項

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager を使用する前に、 Oracle データベースに関する制限事項を確認しておく必要があります。

制限事項は次のとおりです。

  • SnapManager は Oracle バージョン 10gR2 、 11gR1 、 11gR2 、 12_c__ をサポートしますが、リポジトリまたはターゲットデータベースとして Oracle 10gR1 をサポートしません。

  • SnapManager では、ホスト名の代わりにスキャン IP アドレスを使用することはできません。

    Scan IP は、 Oracle 11gR2 の新機能です。

  • SnapManager は、 Oracle Cluster File System ( OCFS )をサポートしていません。

  • Direct NFS ( dNFS )環境で Oracle 11g を使用すると、 oranfstab ファイルにマウントポイントを追加できます。たとえば、ロードバランシング用の複数のパスがあります。

    SnapManager は oranfstab ファイルを変更しませんクローンデータベースで使用する追加のプロパティは 'oranfstab ファイルに手動で追加する必要があります

  • Oracle Database 9i のサポートは、 SnapManager 3.2 から廃止されました。

  • Oracle Database 10gR2 ( 10.2.0.5 より前)のサポートは、 SnapManager 3.3.1 から廃止されました。

注記 Interoperability Matrix を参照して、サポートされている Oracle データベースのバージョンを確認します。
  • 関連情報 *