日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

効率的なバックアップを行うためのプロファイルの管理

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager で、処理を実行するデータベースのプロファイルを作成する必要があります。プロファイルを選択し、実行する処理を選択する必要があります。

プロファイルに関連するタスク

次のタスクを実行できます。

  • プロファイルを作成して、プライマリ、セカンダリ、さらにはターシャリストレージへのフルバックアップまたはパーシャルバックアップを有効にします。

    プロファイルを作成して、アーカイブログのバックアップとデータファイルのバックアップを分けることもできます。

  • プロファイルを確認します。

  • プロファイルを更新します。

  • プロファイルを削除します。

プロファイルおよび認証について

プロファイルを作成するときに、データベースを指定し、データベースに接続するための次のいずれかの方法を選択できます。

  • ユーザ名、パスワード、およびポートを使用した Oracle 認証

  • ユーザ名、パスワード、またはポートを使用しない OS 認証。

    OS 認証の場合は、 OS アカウントユーザおよびグループの情報を入力する必要があります。

    注記 Real Application Cluster ( RAC )データベースに OS 認証を使用するには、 RAC 環境の各ノードで SnapManager サーバを実行し、 RAC 環境内のすべての Oracle インスタンスでデータベースのパスワードを同じにする必要があります。SnapManager は、データベースのユーザ名とパスワードを使用して、プロファイル内のすべての RAC インスタンスに接続します。
  • sqlnet.authentication_services が none に設定されている場合のデータベース認証。SnapManager は、ターゲットデータベースへのすべての接続に、データベースのユーザ名とパスワードを使用します。

    注記 Automatic Storage Management ( ASM )インスタンスにデータベース認証を使用するには、 ASM インスタンスへのログインに使用するユーザ名とパスワードを入力する必要があります。

sqlnet.authentication_services を none に設定できるのは、次の環境のみです。

データベースレイアウト

Oracle のバージョン

ターゲットデータベースでサポートされているデータベース認証です

は、 ASM インスタンスでサポートされているデータベース認証です

ASM 以外および RAC 以外のデータベース

Oracle 10g および Oracle 11g ( 11.2.0.3 未満)

はい。

いいえ

UNIX 上のスタンドアロン ASM データベース

Oracle 11.2.0.3 以降での「

はい。

はい。

UNIX 上の RAC データベース上の ASM インスタンス

Oracle 11.2.0.3 イコウ

いいえ

いいえ

NFS 上の RAC データベース

Oracle 11.2.0.3 イコウ

はい。

いいえ

  • 注意: * sqlnet.authentication_services を無効にして認証方法をデータベース認証に変更した場合は、 sqlnet.authentication_services を none に設定する必要があります。

初めてプロファイルにアクセスする場合は、プロファイルのパスワードを入力する必要があります。クレデンシャルを入力すると、プロファイル内のデータベース・バックアップを表示できます。

  • 関連情報 *