日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager で ASM データベースを使用する場合の要件

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager で Automatic Storage Management ( ASM )データベースを使用するための要件を理解しておく必要があります。これらの要件を理解しておくと、 ASMLib 、パーティション、クローン仕様に関する問題などの回避に役立ちます。

  • SnapManager ( 3.0.3 以降)は、 Oracle ASM インスタンスの管理に sysdba 権限ではなく、 Oracle 11gR2 で使用可能な新しい SYSASM 権限を使用します。

    sysdba 権限を使用して ASM インスタンスに対して管理コマンドを実行すると、エラーメッセージが表示されます。データベースは、 sysdba 権限を使用してディスクグループにアクセスします。SYSASM 特権を使用して ASM インスタンスに接続すると、使用可能なすべての Oracle ASM ディスクグループおよび管理機能に完全にアクセスできます。

    注記 Oracle 10gR2 および 11gR1 を使用している場合は、引き続き sysdba 権限を使用する必要があります。
  • SnapManager ( 3.0.3 以降)は、 ASM ディスクグループに Automatic Cluster File System ( ACFS )ボリュームも含まれている場合、 ASM ディスクグループに直接格納されているデータベースのバックアップをサポートしています。

    これらのファイルは SnapManager によって間接的に保護されており、 ASM ディスクグループの残りの内容を使用してリストアされる可能性がありますが、 SnapManager (3.0.3 以降 ) は ACFS をサポートしていません。

    注記 ACFS は、 Oracle 11gR2 で利用できる、マルチプラットフォームの拡張性に優れたファイルシステムストレージ管理テクノロジです。ACFS は ASM 機能を拡張して、 Oracle データベース以外で保持されている顧客ファイルをサポートします。
  • SnapManager ( 3.0.3 以降)は、ディスクグループに Oracle Cluster Registry ( OCR )ファイルまたは投票ディスクファイルも含まれている場合に、 ASM ディスクグループに格納されているファイルのバックアップをサポートします。ただし、リストア処理には、低速のホストベースまたは部分ファイルスナップリストア( PFSR )方式が必要です。

    データベースファイルを含まないディスクグループには OCR と投票ディスクを配置することを推奨します。

  • ASM に使用する各ディスクには、パーティションを 1 つだけ含める必要があります。

  • ASM データをホストするパーティションを適切にアライメントし、重大なパフォーマンスの問題を回避する必要があります。

    これは、 LUN のタイプが正しいこと、およびパーティションのオフセットが 4K バイトの倍数である必要があることを意味します。

    注記 4K にアライメントされたパーティションを作成する方法の詳細については、ナレッジベースの記事 1010717 を参照してください。
  • ASM 設定はクローン仕様の一部として指定されていません。

    ホストを SnapManager ( 2.2 以降)にアップグレードする前に、 SnapManager 2.1 を使用して作成されたクローンの仕様から、 ASM 設定情報を手動で削除する必要があります。

  • SnapManager 3.1 、 3.1p1 、および 3.2 以降では、 ASMLib 2.1.4 がサポートされています。

  • SnapManager 3.1p4 以降は、 ASMLib 2.1.4 、 2.1.0.7 、および 2.1.8 をサポートします。