日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム管理の制限

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager には、環境に影響する可能性があるボリューム管理の制限があります。

データベースには複数のディスクグループを使用できますが、特定のデータベースのすべてのディスクグループに次の制限事項が適用されます。

  • データベースのディスク・グループを管理できるのは、 1 つのボリューム・マネージャだけです。

  • Oracle データの保護では、論理ボリュームマネージャによってサポートされている raw デバイスはサポートされません。

    raw デバイスストレージおよび Automatic Storage Management ( ASM )ディスクグループは、物理デバイス上で直接プロビジョニングする必要があります。場合によっては、パーティショニングが必要になります。

  • 論理ボリューム管理を使用しない Linux 環境には、パーティションが必要です。