日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager データベースバックアップとは

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager では、さまざまなバックアップタスクを実行できます。保持クラスを割り当てて、バックアップを保持できる期間を指定できます。期限に達すると、バックアップは削除されます。

  • プライマリストレージにバックアップを作成します

  • セカンダリストレージリソースで保護されたバックアップを作成する

  • バックアップが正常に完了したことを確認します

  • バックアップのリストを表示します

  • グラフィカルユーザインターフェイスを使用してバックアップをスケジュールします

  • バックアップの保持数を管理します

  • バックアップ・リソースを解放します

  • バックアップのマウントとアンマウント

  • バックアップを削除します

SnapManager は、次のいずれかの保持クラスを使用してバックアップを作成します。

  • 毎時

  • 毎日

  • 毎週

  • 毎月

  • 無制限

保護ポリシーを使用してバックアップを保護するには、 Protection Manager がインストールされている必要があります。バックアップには、 Not Requested 、 Not protected 、または protected のいずれかの保護状態があります。

新しいデータファイルがデータベースに追加された場合は、すぐに新しいバックアップを作成する必要があります。また、新しいデータ・ファイルが追加される前に作成されたバックアップをリストアし、新しいデータ・ファイルが追加されたあとに特定の時点までリカバリしようとすると、自動リカバリ・プロセスが失敗する場合があります。バックアップ後に追加されたデータ・ファイルをリカバリするプロセスの詳細については、 Oracle のマニュアルを参照してください。