日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS 環境で FlexClone ボリュームのマウントが失敗する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager 環境でボリュームの FlexClone を作成すると、 /etc/exports ファイルにエントリが追加されます。SnapManager ホストへのクローンまたはバックアップのマウントが失敗して、エラーメッセージが表示されます。

次のエラーメッセージが表示されます。 0001-034 コマンドエラー: mount : filer1 : /vol/SnapManager_20090914112850837_vol14 on /opt/NTAPsmo /mnt/-ora_data02 -20090914112850735_1 - warning unknown option "zone14" NFS mount : filer1 : 914_vol2005012914_vol14_vol140.0514 : SnapManager

同時に、ストレージシステムコンソールで次のメッセージが生成されます。 Mon Sep 14 23 : 58 : 37 PDT [filer1 : export.auto.update.disabled: warning] : /etc/exports は、 vol clone create コマンドを実行したときに vol14 に対して更新されませんでした。/etc/exports を手動で更新するか、または /etc/exports に .new をコピーしてください。

このメッセージは、 AutoSupport メッセージにキャプチャされない場合があります。

注記 NFS で FlexVol ボリュームをクローニングする場合も、同様の問題が発生することがあります。同じ手順に従って、 nfs.export.auto-update オプションを有効にすることができます。
  • するべきこと *

    1. /etc/exports ファイルが自動的に更新されるように、 nfs.export.auto-update オプションを on に設定します。オプション nfs.export.auto-updateon

注記 HA ペア構成では、両方のストレージシステムで NFS エクスポートオプションを on に設定します。