日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

smo backup verify コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

backup verify コマンドを実行して、バックアップが Oracle で有効な形式になっているかどうかを確認できます。

構文

        smo backup verify
-profile profile_name
[-label backup_name \| \[-id guid\]
\[-retain \{-hourly \| -daily \| -weekly \| -monthly \| -unlimited\}\]
\[-force\]
\[-dump\]
\[-quiet \| -verbose\]

パラメータ

  • * -profile profile_name *

    バックアップを検証するプロファイルを指定します。プロファイルには、データベースの識別子およびその他のデータベース情報が含まれています。

  • -id GUID

    指定した GUID を持つバックアップを検証します。GUID はバックアップを作成するときに SnapManager によって生成されます。各バックアップの GUID を表示する場合は、 smo backup list コマンドを使用します。

  • * -label label_name *

    指定したラベルを持つバックアップを検証します。

  • * -dump*

    バックアップの検証処理が成功したか失敗した場合に、ダンプファイルを収集します。

  • * -force *

    検証処理を実行するために必要な状態にデータベースを強制的に移行します。

  • * - Quiet *

    コンソールにエラーメッセージのみを表示します。デフォルトでは、エラーおよび警告メッセージが表示されます。

  • * -verbose *

    エラー、警告、および情報メッセージがコンソールに表示されます。

次に、バックアップ検証の例を示します。

smo backup verify -profile SALES1 -label full_backup_sales_May -quiet
DBVERIFY - Verification starting : FILE = +SMO_1_1161675083835/smo/datafile/data.277.582482539 ...
  • 関連情報 *