日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RBAC が有効な場合の DataFabric Manager サーバおよび SnapDrive の設定

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Role-Based Access Control ( RBAC ;ロールベースアクセス制御)を有効にした場合は、 RBAC 機能を含めるように DataFabric Manager サーバを設定する必要があります。また、 DataFabric Manager サーバで作成した SnapDrive ユーザおよびストレージシステムの root ユーザも SnapDrive に登録する必要があります。

  1. DataFabric Manager サーバを設定します。

    1. DataFabric Manager サーバを更新して、ターゲットデータベースによってストレージシステム上で直接行われた変更を更新するには、次のコマンドを入力します。 dfm host discover storage_system

    2. DataFabric Manager サーバで新しいユーザを作成し、パスワードを設定します。

    3. DataFabric Manager サーバ管理リストにオペレーティングシステムユーザを追加するには、次のコマンドを入力します。 dfm user add sd-admin

    4. DataFabric Manager サーバに新しいロールを作成するには、次のコマンドを入力します。 dfm role create sd-admin-role

    5. DFM の .Core.AccessCheck グローバル機能をロールに追加するには、次のコマンドを入力します。 dfm role add sd-admin -role df.Core.AccessCheck Global

    6. オペレーティングシステムユーザに SD-admin-role を追加するには、次のコマンドを入力します。 dfm user role set sd-adminsd-admin -role

    7. DataFabric Manager サーバで SnapDrive root ユーザ用の別のロールを作成するには、次のコマンドを入力します。 dfm role create sd-protect

    8. SnapDrive root ユーザまたは管理者用に作成されたロールに RBAC 機能を追加するには、次のコマンドを入力します。 dfm role add sd-protect sd.Config.Write Globaldfm role add sd-protect sd.Config.Write Globaldfm role add sd-protect sd.Storage.Delete Globaldfm role add sd-protoll d-sm-dfm role add GlobalData protect GlobalDatadfm

    9. ターゲットデータベースの Oracle ユーザを DataFabric Manager サーバの管理者リストに追加し、 SD-protardb_host1\oracle コマンドを割り当てて、次のコマンドを入力します。 dfm user add -r sd-protectardb_host1\oracle

    10. DataFabric Manager サーバでターゲットデータベースで使用するストレージシステムを追加するには、次のコマンドを入力します。 dfm host set storage_system hostLogin=oracle hostPassword=password

    11. DataFabric Manager サーバのターゲットデータベースで使用されるストレージシステムに新しいロールを作成するには、次のコマンドを入力します。 dfm host role create -h storage_system -c "api- * 、 login- * " storage-rbc-role

    12. ストレージシステムに新しいグループを作成し、 DataFabric Manager サーバで作成した新しいロールを割り当てるには、次のコマンドを入力します。 dfm host usergroup create -h storage_system -r storage-rbac -role storage -rbac -group

    13. ストレージシステムに新しいユーザを作成し、 DataFabric Manager サーバで作成した新しいロールとグループを割り当てるには、次のコマンドを入力します。 dfm host user create -h storage_system -r storage -rbac -role -p password -g storage-rb_host1

  2. SnapDrive を設定します。

    1. sd-admin ユーザのクレデンシャルを SnapDrive に登録するには、次のコマンドを入力します。 snapdrive config set -dfm sd-admindfm_host

    2. SnapDrive にルート・ユーザまたはストレージ・システムの管理者を登録するには、次のコマンドを入力します。 snapdrive config set tardb_host 1st ません