日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クローンを削除します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snapshot コピーのサイズがバックアップの 10~20% の間に達した時点でクローンを削除できます。これにより、クローンに最新のデータが保持されます。

ラベルは、プロファイル内の各クローンの一意の識別子です。クローンを削除するときは、システム ID ( SID )ではなく、クローンのラベルまたは ID を使用できます。

注記 クローンの SID とクローンのラベルが異なります。

クローンを削除する場合は、データベースが実行されている必要があります。そうしないと、既存のクローンのファイルやディレクトリが多数削除されないため、別のクローンを作成する前により多くの作業が行われるようになります。

クローンを削除すると、クローン内の特定の Oracle パラメータに対して指定されたディレクトリが破棄されます。このディレクトリには、クローンデータベースのアーカイブログのデスティネーション、バックグラウンド、コア、およびユーザダンプのデータのみが含まれている必要があります。監査ファイルは削除されません。

注記 クローンが他の処理で使用されている場合、クローンを削除することはできません。

必要に応じて、クローンの削除処理が成功した場合や失敗した場合にダンプファイルを収集できます。

  1. 次のコマンドを入力します。 smo clone delete -profile profile_name [-label label|-id GUID] [-syspasswordsyspworssyspassword]|[login-user nameb_username -password] db_port] [-asminstance -asmusernamaasmpasswordasmpasswordasm_passwordasm_password] -verbose [force-dump]

smo clone delete -profile targetdb1_prof1 -label sales0908_clone1
  • 関連情報 *