日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Single File SnapRestore を使用したバックアップのリストア

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

バックアップは、 Single File SnapRestore ( SFSR )方式を使用してリストアできます。

  1. SnapManager のグラフィカルユーザインターフェイス( GUI )からプロファイルを作成します。

  2. GUI を使用してデータベースをバックアップします。

  3. Oracle および Network File System ( NFS )サービスグループのクラスタサービスグループとのリンクを解除し、グループをフリーズします。

  4. snapdrive.conf ファイルで、 # secure-communication -moing-cluster-nodes を on に設定して、ホストと SnapDrive for UNIX の間に Secure Shell ( SSH )が設定されていることを確認します。

  5. SnapManager の GUI から、 -alllogs を使用してフルバックアップのリストアとリカバリを実行します。

  6. サービスグループのフリーズを解除し、クラスタサービスグループに再度リンクします。

    注記 この構成は、 UNIX 用に SnapDrive 4.1.1 D2 を、 UNIX 用に SnapDrive 4.2 を使用している場合にのみ適用されます。

    1 つのリストア処理に続けて別のリストア処理を実行すると、バックアップ Snapshot コピーの作成が失敗する可能性があります。指定した時間内に、 SFSR を完了できる連続したリストア操作を実行すると、 SnapManager for Oracle で Snapshot コピー作成エラーが発生します。

    Snapshot コピーの作成エラーを回避するには、 SFSR の実行中の期間後にリストア処理を実行する必要があります。

    これを行うには、ストレージシステムのコマンドラインインターフェイス( CLI )から次のコマンドを入力して、 LUN クローンスプリットプロセスのステータスを確認します。 rshfilernnamelun clone split statuslun -name

    Sample Output:
    /vol/delaware_760gb/lun700gb (64% complete)..
    注記 Veritas スタックを SFRAC 環境および VCS 環境で実行する Solaris ホストでは、 Volume-Based SnapRestore ( VBSR )はサポートされません。